柳済斗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
柳 済斗
基本情報
本名 柳 済斗
階級 ジュニアミドル級
ミドル級
国籍 韓国の旗 韓国
誕生日 1948年4月25日(65歳)
出身地 韓国の旗 韓国ソウル市
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 55
勝ち 50
KO勝ち 29
敗け 3
引き分け 2
テンプレートを表示

柳 済斗(ユー・ジェド、ユ・ジェドゥ、りゅう・さいと、유제두、Jae-Doo Yuh、男性、1948年4月25日 - )は、韓国プロボクサーソウル市出身。身長175cm。元WBA世界ジュニアミドル級王者。

OPBF東洋太平洋ミドル級王座を21連続防衛した。これはOPBF全階級での最多記録となっている。

日本人との対戦は31試合で29勝1敗1分けと敗北を喫したのは輪島功一のみという「日本人キラー」で、輪島功一との2度にわたる壮絶な試合で知られる。

来歴[編集]

1968年10月3日、韓国でプロデビュー。

1971年5月22日、14戦目で韓国ミドル級王座を獲得した。

1971年7月24日、15戦目でOBF東洋ミドル級王者カシアス内藤に挑戦し、6回KO勝ちで王座を獲得した。同王座は引退するまで防衛し続けた。

1975年6月7日、40戦目でOBF王座を保持したまま1階級下のWBA世界ジュニアミドル級王者輪島功一に挑戦し、7回KO勝ちで世界王座を獲得した。輪島は1月21日にWBA・WBCの両王座を獲得していたが、柳との対戦を強行したためにWBC王座を剥奪されていた。

1975年11月11日、WBA王座防衛戦で三迫将弘と対戦し、6回KO勝ちで初防衛に成功した。

1976年2月17日、2度目のWBA王座防衛戦で輪島功一と再戦し、15回KO負けで王座から陥落した。

1978年12月17日、OPBF防衛戦で姜興遠と対戦し、12回判定勝ちで21度目の防衛に成功した。

1979年7月24日、丸8年間・計21度防衛したOPBF王座を返上し、引退した。

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
輪島功一
第12代WBA世界ジュニアミドル級王者

1975年6月7日 - 1976年2月17日

次王者
輪島功一
前王者
カシアス内藤
第19代OPBF東洋太平洋ミドル級王者

1971年7月24日 - 1979年7月24日(返上)

空位
次タイトル獲得者
朴鐘八