柳内たくみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

柳内 たくみ(やない たくみ)は日本小説家東京都在住[1]

略歴[編集]

自衛官を経験後、2006年に自営業を開業する[1]。本業の傍ら、投稿小説サイト「Arcadia」において小説『自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』を「とどく=たくさん」名義で2006年4月から2009年6月にかけて連載する。

2010年4月12日、作品のタイトルを『ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』と改め、アルファポリスより単行本1巻が刊行された。同作が一旦完結した後は外伝作品の他、『戦国スナイパー』『氷風のクルッカ 雪の妖精と白い死神』などのオリジナル作品を発表している。

作品リスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『ゲート 自衛隊彼の地にて斯く戦えり』単行本の著者紹介より。

外部リンク[編集]