枯葉剤 (緑)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

枯葉剤 (緑) (Agent Green) は、アメリカ合衆国ベトナム戦争 で使用した、強力な除草剤枯葉剤の1つのコードネーム。

名前は、容器にがあることに因む。枯葉剤(オレンジ、Agent Orange)を含む、虹枯葉剤(w:rainbow herbicides)の一つ。

1962 - 1964年に使用された。

成分[編集]

有効成分
2,4,5-トリクロロフェノキシ酢酸フェノキシ系除草剤の一つ、枯葉剤全種の成分)
2,4,5-T の 副産物
ダイオキシン2,3,7,8-テトラクロロジベンゾパラジオキシン(2,3,7,8-TCDD、TCDD) 

エージェント・ピンク(枯葉剤)と同じく、2,4,5-T が成分のほとんどであった為、オレンジ剤の何倍ものダイオキシンを含んでいた。

立ち枯れ病パナマ病を引き起こすフザリウム菌類 も、Agent Green と呼ばれる。

関連項目[編集]