林達永

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
林達永
誕生 1977年6月14日(37歳)
韓国ソウル市
職業 小説家漫画原作者
言語 韓国語
活動期間 1994年[1] -
ジャンル 小説漫画
処女作 小説「레기오스 (レギオス)」[1]
テンプレートを表示
イム・ダリョン
各種表記
ハングル 임달영
漢字 林達永[2]
発音: イム・ダリョン
英語表記: Lim Dal-young[2]
テンプレートを表示

林 達永(イム・ダリョン、임달영1977年6月14日 - )は、韓国小説家漫画原作者[1]

1990年代末にCDPAというゲーム会社を設立する。 しかし、オンラインゲームブームがやってきたこともあり、韓国でのマイナーなビジュアルノベルのジャンルやパッケージゲームの時代が終わり、倒産する。 シナリオを書く時は MOONZERO の名義で、文法が良く間違っていてデザイナー達に直してもらったという話がある。

漫画作品[編集]

韓国[編集]

  • ZERO-始まりの館(제로-시작의 관) - 朴晟佑(パク・ソンウ)作画 (全10巻)日本語版はヴァルキリーコミックスより既刊5巻(「ZERO-始まりの章」として)。
  • ZERO-流れの円(제로-흐름의 원) - 朴晟佑(パク・ソンウ)作画(ゲーム・コミカライズ版 全1巻)ノ・サンヨン作画(雑誌連載版)
  • アンバランス×2(언밸런스x2) - 李秀顯(イ・スヒョン)作画 原作は全10巻。日本語版はヴァルキリーコミックスより全10巻
  • 炎のインフェルノ(불꽃의 인페르노) - 金光鉉(キム・クァンヒョン)作画 日本語版はヴァルキリーコミックスより既刊5巻 現在中断

日本[編集]

小説[編集]

韓国[編集]

ゲームシナリオ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 인물정보(人物情報) NAVER(韓国語) 2011年9月2日閲覧。
  2. ^ a b 日韓をまたにかけて活躍する韓国人漫画クリエイター・林達永先生インタビュー CloseUp NetTube (2008年11月21日) 2011年9月2日閲覧。

外部リンク[編集]