林柏生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
林柏生
Lin Bosheng.JPG
写真週報』1940年4月3日号
プロフィール
出生: 1902年光緒27年)
死去: 1946年民国35年)10月8日
中華民国の旗 中華民国南京市
出身地: 清の旗 広東省高州府信宜県
職業: 政治家・ジャーナリスト
各種表記
繁体字 林柏生
簡体字 林柏生
拼音 Lín Bóshēng
注音符号 ㄌ|ㄣˊ ㄅㄛˊ ㄕㄥ
和名表記: りん はくせい
発音転記: リン ボーション
ラテン字 Lin Po-sheng
テンプレートを表示

林 柏生(りん はくせい)は中華民国の政治家・ジャーナリスト。南京国民政府(汪兆銘政権)の要人で、汪兆銘(汪精衛)本人にとっても側近的存在である。号は石泉

事跡[編集]

1920年民国9年)、広州の私立嶺南大学で学ぶが、1923年(民国12年)、ストライキに参加したため、退学処分を受けた。1925年(民国14年)7月、汪兆銘の秘書となる。10月、ソ連に留学し、モスクワ中山大学で学んだ。翌年9月に帰国し、黄埔軍官学校政治教官に任命されている。1927年(民国16年)12月、蒋介石と対立して下野した汪に随従してフランスに向かった。

1929年(民国18年)冬、香港に赴任し、南華通訊社を創設した。翌年2月には、『南華日報』を創刊している。1932年(民国21年)、上海で『中華日報』を創刊した。同年4月、国民政府僑務委員会常務委員となり、翌年には立法院立法委員となった。1937年(民国26年)、中国国民党中央宣伝部特派員を兼任し、翌年2月には香港で国際問題研究所を設立している。

1938年(民国27年)12月より、林柏生は、汪兆銘に随従して親日政権の樹立事務に携わる。翌年8月、汪の指導下で国民党中央常務委員兼中央宣伝部副部長となり、さらに中華通訊社社長に就任した。翌年2月、中央宣伝部部長に昇格し、3月、南京国民政府の成立とともに、中央政治会議委員兼行政院宣伝部長に任じられた。1941年(民国30年)、清郷委員会委員となり、さらに新国民運動促進委員会常務委員兼秘書長にもなっている。1943年(民国32年)1月、最高国防会議委員となり、翌年12月には、安徽省省長などに就任した。

日本敗北後、林柏生は陳公博に随従して日本へ亡命したが、10月3日[1]、陳らとともに中国へ送還された。1946年(民国35年)5月31日、首都高級法院で死刑判決を受ける。

同年10月8日、南京老虎橋監獄内で処刑された。享年45。

[編集]

  1. ^ 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』は、10月13日、としているが、劉傑『漢奸裁判』、168頁に従い、10月3日に修正する。

参考文献[編集]

 Flag of the Republic of China-Nanjing (Peace, Anti-Communism, National Construction).svg 南京国民政府(汪兆銘政権
先代:
(創設)
宣伝部長
1940年3月 - 1944年12月
次代:
趙尊嶽
先代:
羅君強
安徽省長
1944年12月 - 1945年8月
次代:
(廃止)