林まゆみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

林 まゆみ(はやし まゆみ、1968年12月31日 - )は、将棋の元女流棋士2010年8月10日日本将棋連盟を退会。退会以前は、女流三段、師匠は有吉道夫九段、女流棋士番号は29。現役引退は2010年3月31日

大阪府堺市出身。大阪府立堺東高等学校近畿大学卒業。

棋歴[編集]

将棋を始めたのは14歳の頃で、後にプロとなった人物としては非常に遅い。自分から父に申し出て、将棋を教わったという[1]

近畿大学の学生であった4年間に、学生将棋女流名人戦(1987 - 1990年)で4連覇という完全制覇を達成[2](1994年に棚田真由美が、2005年に石内奈々絵がこの記録に並ぶ)。1990年、女流アマ名人となる(第22回女流アマ名人戦優勝)[3]。同年、第4回レディースオープントーナメントにアマチュアとして出場。予選を突破し、さらに本戦で3回戦まで進出。その戦績を引っさげて、1991年に女流育成会に入会し、翌年に早くもプロとなる。

女流名人位戦では、第19期(1992年度)でB級昇格、第21期(1994年度)でB級復帰を決める。第22期(1995年度)ではB級で6勝3敗の成績を挙げるも、A級昇格を逸する。

1996年度、第1回鹿島杯女流将棋トーナメントにおいて、決勝三番勝負高群佐知子右玉戦法を打ち破り、2-0で優勝1996年9月1日)。同日付で女流初段に昇段。

第11回(1997年度)レディースオープントーナメントでベスト4。同棋戦では、第13回(1999年度)でも清水市代らを破りベスト4。

第27期(2000年度)と第28期(2001年度)の女流名人位戦でそれぞれ予選を勝ち抜き、B級に参加。

2002年度に行われた第14期女流王位戦の予選を勝ち抜き、2003年度にリーグに参加。斎田晴子千葉涼子らがいるリーグの中で5戦全敗に終わる。

2010年3月31日付けで降級点規定により引退となり、その翌日の4月1日に引退女流棋士規定により女流三段に昇段。

同年8月10日付で「一身上の都合により」日本将棋連盟を退会し[4]、「女流棋士」の肩書きがなくなる。女流棋士の制度が始まってから同日までの時点で66人の女流棋士が誕生しているが、その中で退会により‘元女流棋士’となったケースは、日本将棋連盟とLPSAを合わせて林が5例目。

棋風[編集]

居飛車党で、矢倉相掛かり系の将棋が多く、鈍重な手を指さない棋風。たまに振り飛車も指した。

トラブル[編集]

2005年頃から、女流棋士会の総会や懇親会に出席しないなどの非協力的な態度が問題となり、2006年1月5日付で植村真理とともに女流棋士会によって脱会処分をされたが、2007年12月に、新体制となった女流棋士会と和解し復帰している。なお、女流棋士会への所属とプロとしての対局権利は別であるため、脱会処分中も対局は続けていた。

昇段履歴[編集]

主な成績[編集]

通算成績
130勝160敗
棋戦優勝
優勝合計 1回

脚注[編集]

関連項目[編集]