枕詞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

枕詞(まくらことば)とは、主として和歌に見られる修辞で、特定の語の前に置いて語調を整えたり、ある種の情緒を添える言葉のこと。序詞とともに『万葉集』の頃より用いられた技法である。

概要[編集]

まず枕詞の例として『百人一首』より以下の和歌をあげる。

あしひきの やまどりのをの しだりをの ながながしよを ひとりかもねん(柿本人丸

この和歌の冒頭におかれている「あしひきの」が枕詞と呼ばれるものである。枕詞はその多くがこのような五音節で、初めに置かれることが多い。そしてこの「あしひきの」という句は何のためにあるかといえば、その次の「やま」という言葉を導き出すためのものである。すなわちこの「あしひきの」という句があれば、その次はかならず「やま」という言葉が来る約束になっており、見た目には修飾語のような文の形となる。このように枕詞は特定の言葉と結びついた組み合せで成り立っているが、 平安時代以降の場合は歌の意味には直接的に関係しないことが多いと一般には解釈されている。なお枕詞は和歌の初句だけではなく、次のように第三句にも置かれる。

さくらばな さきにけらしも あしひきの やまのかひより みゆるしらくも(『古今和歌集』巻第一・春歌上 紀貫之

枕詞の中には、「飛ぶ鳥の あすか…」のように、飛鳥と書いて「あすか」と読むことの根拠とされているものもある。

飛ぶ鳥の 明日香の里を 置きていなば 君があたりは 見えずかもあらむ(『万葉集』巻第一)

「あすか」は「明日香」とも表記されるので、「飛鳥」は枕詞によって表記と訓の関係が定まったものといわれる。

枕詞とそれに結びつく言葉との関係を分類したものについてはいくつもの研究があるが、もっとも大別的な分類をおこなった境田四郎の説[1]によって示せば、

(1)意味関係でかかるもの
(2)音声関係でかかるもの

ということになる。さらに (1)は

  • 「朝露の 消(け)やすき命…」のような譬喩的関係(朝の露は消えやすい、その露のようにはかない命)のもの
  • 「草枕 旅…」のような形容的なもの(旅は草を枕にするものなので)
  • 「野つ鳥 雉…」のような説明的なもの(野の鳥である雉)

に分類でき、(2)は

  • 「まそがよ 蘇我の子ら…」のような(そが-そが、という)同音反復の例
  • 「かき数ふ 二上山…」というような、「数える」から数字の「二」にかかる掛詞のような用法

に分類できる。きわめて大雑把に示せば、音でかかるものと意味でかかるものの2種類が枕詞には認められることになる。一方「あしひきの」や「ぬばたまの」のように、諸説はあるものの由来のわからない枕詞も多い。これは『万葉集』の時代には既に固定化されていたもので、先例にならって使用され続けたものと考えられている。枕詞は明治時代までのものを収集した福井久蔵の調査[2]によれば、1100種近いものが存在する。

その他の枕詞については、下の枕詞の例を参照のこと。

歴史と起源[編集]

枕詞は『万葉集』から現代短歌に至るまで、長きに渡って用いられている。「まくらことば」という語自体は『古今和歌集』の仮名序に見えるが、これは歌枕の意味で使われていると見られる[3]平安時代末の人物顕昭の著書『古今集序注』には、藤原教長の説として「マクラ詞トハ常詞(つねのことば)也」と記されている。

枕詞は古くは歌枕のひとつとされ(歌枕の項参照)、また「次詞」(藤原清輔『袋草紙』)、「枕言」(今川了俊『落書露見』)、「冠辞」(賀茂真淵『冠辞考』)などとも呼ばれた。枕詞という語が現在の意味で使用されるのは一条兼良『古今憧蒙抄』、清原宣賢『日本書紀抄』など、中世以降の資料に見えるものが早いとされる。

和歌以外では『風土記』などに使用された例がある。『風土記』ではこれらの例を「諺」といっており、枕詞がことわざと同じように、習慣化した、決まり文句という扱いをうけていたことが想像される[4]。語義については、高崎正秀が後に引く折口信夫の師説を援用して「魂の宿る詞章」と説明するが[5]、既にふれたように、「枕詞」という用語自体が中世以降のものであることを考慮すれば、歌の一番初めに来るので、前書きの意味での「枕」に近いものと推測される[6]

枕詞の起源は明らかではないが、古くは序詞と一組のものと考えられていた。たとえば契沖が「序(詞)ト云モ枕詞ノ長キヲ云ヘリ」(『万葉代匠記』)と説明しているのが代表的な例である。折口信夫も序詞の短縮されたものが枕詞としている[7]。近年では中西進が、序詞と枕詞をいずれも「連合表現」と括って、あまり両者を区別するべきではないと説いている[8]

しかし、枕詞は『風土記』などにもあるように、歌の修辞が原型でないと思われる節があるのに対して、序詞というのはもっぱら歌の技法である。この点に両者の差異があると考えられる[4]。枕詞の源流については、早くは真淵の『冠辞考』のように、和歌の調子をととのえるものと理解されていた。しかし加納諸平は土地を褒めたたえる詞章が枕詞の原型であろうと考察し(『枕詞考』)、この考えが以降の研究に大きな影響を与えている。とくに近代になって、折口がを由来に持ち、祝詞の言葉などと共通性を持つ、呪力を持った特別な言葉(らいふ・いんできす)であり、それが後世になって形骸化していき、だんだんと言語遊戯的なものとなっていったと説明しており、学会では広く支持されている[9]。これは、『風土記』の例が地名にかかって賛美する例がおおいこと、また記紀歌謡などにみえる古い枕詞が土地や神名、あるいは人名など、固有名詞にかかる場合が多く、これらを讃美する表現とみられるためである。これが万葉集になると、一般名詞や用言にかかる枕詞も沢山使われるようになり、範囲が増大する。

また柿本人麻呂の時代になると、「天離(あまざか)る 夷(ひな)」というような否定的な意味を持った枕詞(都から遠く離れた異郷の意)もあらわれ、「讃美表現」という元々の枠組みも失われていき、修飾する五音句というふうに移っていく。このような変遷をたどった要因として、漢籍の知識の増加など、いくつもの要因が考えられるが、最大のものは、歌が「歌われるもの」から「書くもの」へと動いていったということが考えられている[10]。つまり、声を出して歌を詠み、一回的に消えていく時代から、歌を書記して推敲していく時代を迎えたことによって、より複雑で、多様な枕詞が生み出されたと考える。これは『万葉集』に書かれた歌を多く残している人麻呂によって新作・改訂された枕詞がきわめて多い[11]ということによっても、裏付けられることであろう。

基本的に枕詞の成立に関していえば、折口以来の説というのは折口説を部分修正を施していくものとなっている。沖縄歌謡などに枕詞の源流を求める古橋信孝の研究などはその代表的なものであるといえる[12]。ただし、一方には『万葉集』における枕詞の実態としては連想や語呂合わせによるものもかなり多いこと、くわえて折口の説明は(文字資料の残らない時代を問題としているためやむを得ないことでもあるが)証拠を得難いことなどを問題として、そもそも枕詞とは言語遊戯(連想や語呂合わせ)とする理解もある[13]。なお、『古今和歌集』以降では意味よりも形式をととのえること、語の転換の面白さに主眼が置かれるようになり、新しい枕詞の創作も漸次減少していく傾向にある。また『万葉集』では「降る」にかかっていた枕詞「いそのかみ」を同音の「古りにし」にかけたり、やはり「天」「夜」「雨」にかかっていた「久方の」を「光」にかけるなど、古い枕詞のかかりかたに工夫を加えるケースも多い。

いそのかみ ふりにしこひの かみさびて たたるにわれは いぞねかねつる(『古今和歌集』巻第十九・誹諧歌 よみ人しらず)
ひさかたの ひかりのどけき はるのひに しづこころなく はなのちるらむ(同上巻第二・春歌下 紀友則

『万葉集』以来の言語遊戯の例としては、「足引きの」→「足を引きながら登る」→「山」、「梓弓」→「弓の弦を張る」→「春」などの例を挙げることができる。ただし、「あしひきの」は上代特殊仮名遣の問題から、もともとは「足を引く」の意味ではなく、これは人麻呂による新しい解釈と目される。また、上代文学の例では「ちばの」「とぶとり」「そらみつ」のように三音節・四音節の枕詞も数例認められる。このことから、枕詞が五音節化するのは和歌の定型化とかかわっていると考えられる。定型化の成立が何時頃であるのかは詳らかではないが、「そらみつ」を「そらにみつ(空に満つ)」と改めたのも人麻呂と推測され(『万葉集』巻第一・29番)、枕詞の創造・再解釈に関しては、この歌人によるところが多いことは事実である。『万葉集』では概ね五音節の枕詞が使われており、7世紀頃には固定化されていったものと推測される。

なお、古代朝鮮語および漢字に起源を求める論者も少数ながら存在する[14][15]

枕詞の例[編集]

※以下五十音順。

  • 青丹によし (あおによし) →奈良
  • 茜さす(あかねさす)→日、昼、紫、照る、君
  • 秋津島(あきつしま)・蜻蛉島(あきづしま)→大和
  • 朝露の(あさつゆの)→消(け)、消え、おく、命
  • 麻裳よし (あさもよし) →紀(き)、和歌山の”紀”に係る
  • 足引きの(あしびきの)→山、峰、尾の上 など
  • 梓弓(あづさゆみ)→引く、張る(春)、射る、音、末(すゑ)
  • 天離る(あまざかる)→日、鄙(ひな)、向かふ
  • 天飛ぶや(あまとぶや)→軽
  • 天の原(あまのはら)→ふりさけ見る、富士
  • 新玉の(あらたまの)→年、月、日 など
  • 霰降る(あられふる)→鹿島、杵島、遠(とほ)
  • 青丹よし(あをによし)→奈良、くぬち(国内)
  • 鯨魚取り(いさなとり)→海、浜、灘
  • 石の上(いそのかみ)→布留(ふる)、古、降る
  • 岩(石)走る(いはばしる)→淡海(あふみ)、垂水(たるみ)、滝
  • 空蝉の(うつせみの)→命、世、人、身 など
  • 烏羽玉の(うばたまの)→黒、闇、夜、夢
  • 味酒(うまさけ)→三輪
  • 沖津藻の(おきつもの)→名張、靡く
  • 大船の(おほふねの)→頼み、たゆたふ
  • 神風の(かむかぜの)→伊勢
  • 唐衣(からころも)→着る、裁つ、袖、裾
  • 草枕(くさまくら)→旅、ゆふ、仮、露、結ぶ
  • 紅の(くれなゐの)→色、うつし心、浅
  • 三枝の(さきくさの)→中
  • 細波の(ささなみの)→近江、大津、志賀、なみ、寄る、夜 など
  • 真葛(さねかずら)→後も会ふ
  • 敷島の(しきしまの)→大和(やまと)、日本、世
  • 白妙の(しろたへの)→衣(ころも)、袖、袂、雪、雲
  • 高砂の(たかさごの)→待つ、尾の上(をのへ)
  • 玉垣入る(たまかぎる)→巌、淵
  • 玉櫛笥(たまくしげ)→ふた、箱、み、あく など
  • 玉襷(たまだすき)→畝
  • 玉づさの(たまづさの)→使
  • 玉の緒の(たまのをの)→長し、短し、絶ゆ、乱る など
  • 玉鉾の(たまほこの)→道
  • 垂乳根の(たらちねの)→母親
  • ちちの実の (ちちのみの) →父親
  • 千早振る(ちはやふる)→神、氏(うぢ)、宇治
  • 露霜の(つゆじもの)→消(け)、置く、秋
  • 飛ぶ鳥の(とぶとりの)→明日香
  • 遠つ人(とほつひと)→雁
  • 鳥が鳴く(とりがなく)→東
  • 夏草の(なつくさの)→しげき、深く、かりそめ など
  • 生黄泉の(なまよみの)→甲斐(かひ)
  • 鵺鳥の(ぬえどりの)→のどよふ、うらなげ、片恋
  • 射干玉の(ぬばたまの)→黒、髪、夜、夕べ、月、妹 など
  • 唐棣色の(はねずいろの)→うつろひやすき
  • 柞葉の(ははそはの)→母
  • 春霞(はるがすみ)→春日(かすが)、立つ、おぼ
  • 春日の(はるびの)→かすが
  • 久方の(ひさかたの)→天(あめ、あま)、雨、月、雲、空、光 など
  • 日下の(ひのしたの)→くさか
  • 冬籠り(ふゆごもり)→春
  • 真金吹く(まかねふく)→吉備
  • 真菰刈る(まこもかる)→大野川原、淀
  • 水篶刈る(みすずかる) →信濃
本来、信濃の枕詞は「水薦苅」すなわち「みこもかる」であったが、近世に「薦」を「篶」の誤字とする説が有力となり「みすずかる」が広まった。
  • 水鳥の(みづどりの)→浮き、立つ、青葉、鴨
  • 群肝の(むらぎもの)→心
  • 望月の(もちづきの)→満る
  • 百敷や(ももしきや)→古
  • 百伝ふ(ももづたふ)→八十(やそ)、五十(い)、渡る、津
  • 紅葉の(もみぢばの)→過ぎる
  • 八雲立つ(やくもたつ)→出雲
  • 山川の(やまがはの)→あさ、おと、たぎつ
  • 夕月夜(ゆふづくよ)→暁闇(あかときやみ)、をぐら、入る
  • 若草の(わかくさの)→夫(つま)、妻、新(にひ)、若

脚注[編集]

  1. ^ 「枕詞と序詞」『万葉集大成』第6巻
  2. ^ 『枕詞の研究と釈義』
  3. ^ ただしこの「まくらことば」は「まろら、ことば」(われら、言葉は…)の誤写ともいわれる。
  4. ^ a b 土橋寛『古代歌謡論』
  5. ^ 「万葉集の枕詞」『万葉集講座』研究方法篇(春陽堂
  6. ^ 増井元「万葉集の枕詞」『万葉集講座』第3巻(有精堂
  7. ^ 『折口信夫全集』第1巻
  8. ^ 「万葉集の連合表現」『万葉集研究』第2巻
  9. ^ 『全集』第1巻など
  10. ^ 稲岡耕二「人麻呂の枕詞について」『万葉集研究』第1巻
  11. ^ 澤瀉久孝「枕詞における人麻呂の独創性」『万葉集の作品と時代』
  12. ^ 『古代和歌の発生』
  13. ^ 廣岡義隆「言語遊戯としての枕詞」『上代言語動態論』
  14. ^ 朴炳植『萬葉集枕詞辞典』小学館、1990年 ISBN 978-4-09-387050-4、など。
  15. ^ 『人麻呂の暗号』,『古事記の暗号』,『枕詞の暗号』(『枕詞千年の謎』 改題)(新潮社) 藤村由加 著。特に、藤村由加によると、枕詞のほとんどは「枕詞」と「被枕詞」がほぼ同義になるという。たとえば「足引き」は「山」という意味である。「たらちね」は「母」という意味である。「久方」は「高い空」という意味である。このように「枕詞」と「被枕詞」がほぼ同義になる。なぜそういう用法をなすかというと、(古代語レベルで)同じ意味の言葉を重ねることで、その言葉を強調するのが枕詞の目的であるとしている。

関連項目[編集]