板倉勝あき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「板倉勝晙」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

板倉 勝晙(いたくら かつあき、天明4年8月14日1784年9月24日) - 文化元年7月8日1804年8月13日))は、備中松山藩の第5代藩主。板倉家宗家11代。

第4代藩主・板倉勝政の四男。母は戸田氏英の娘。正室は大村純鎮の娘。子は板倉勝職(長男)。官位は従五位下。左近将監。周防守。幼名は新十郎。初名は勝慶。

享和元年(1801年)3月8日、父の隠居で家督を継ぐ。しかし文化元年(1804年)7月8日、熱中症により21歳の若さで他界し、跡を長男の勝職が継いだ。法号は大洞院殿雲山源竜大居士。墓所は愛知県西尾市貝吹町の長円寺。