板ずり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

板ずり(板擂り、いたずり)は、野菜の下処理方法のひとつ。

キュウリフキのような青物に食塩をまぶし、まな板に押し付けながらゴリゴリと転がす。

効果効用として

  • 材料の色出し(緑色が鮮やかに発色する)
  • キュウリの表面にあるイボを取り、同時に表皮の組織を傷つけて味が馴染みやすくする
  • フキの皮を剥きやすくする

などがある。