松田康博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

松田 康博(まつだ やすひろ、1965年11月 - )は、日本の政治学者博士法学)。東京大学教授。専攻はアジア政治外交史、東アジア国際政治研究、中国および台湾の政治・対外関係・安全保障、中台関係論、日本の外交・安全保障政策。

人物[編集]

1965年北海道出身。1988年麗澤大学外国語学部中国語学科卒。90年東京外国語大学大学院地域研究研究科修了。94~96年在香港日本国総領事館専門調査員。97年慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。2003年博士(法学)学位取得。92~08年防衛庁(省)防衛研究所で助手・主任研究官。08年11年より東京大学東洋文化研究所准教授を経て同教授、12年より情報学環教授(東洋文化研究所教授を兼務)[1]

略歴[編集]

学歴[編集]

  • 1988年 麗澤大学外国語学部中国語学科卒業
  • 1990年 東京外国語大学大学院地域研究研究科修士課程修了
  • 1997年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻博士課程単位取得退学
  • 2003年 博士(法学) 慶應義塾大学より授与

研究歴[編集]

受賞歴[編集]

著作[5][編集]

単著[編集]

共著[編集]

編著[編集]

  • 『NSC 国家安全保障会議――主要国の危機管理・安保政策統合メカニズム』(彩流社、2009年)

共編著[編集]

  • Domestic Determinants and Security Policy-Making in East Asia (The National Institute for Defense Studies and Asia-Pacific Center for Security Studies, Honolulu, 2002), edited with Satu P. Limaye
  • 家近亮子唐亮)『5分野から読み解く現代中国――歴史・政治・経済・社会・外交』(晃洋書房、2005年/改訂版、2009年)
  • (家近亮子・段瑞聡)『岐路に立つ日中関係――過去との対話・未来への模索』(晃洋書房、2007年/改訂版、2012年)

翻訳[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 東京大学東洋文化研究所 松田康博研究室:経歴と業績”. 2013年1月16日閲覧。
  2. ^ 発展途上国研究奨励賞:第28回「発展途上国研究奨励賞」(2007年度)受賞作品”. 2013年1月17日閲覧。
  3. ^ 樫山奨学財団:樫山純三賞”. 2013年1月17日閲覧。
  4. ^ 第7回中曽根康弘賞受賞者(2011年6月30日授賞・対外発表)”. 2013年1月17日閲覧。
  5. ^ 東京大学東洋文化研究所 松田康博研究室:経歴と業績”. 2013年1月16日閲覧。

外部リンク[編集]