松浦雅也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
松浦雅也
Masaya-matsuura.jpg
基本情報
出生 1961年6月16日(52歳)
血液型 AB型
学歴 立命館大学産業社会学部卒業
出身地 大阪府
ジャンル J-POPゲームミュージック
職業 ミュージシャン、ゲームデザイナー、プロデューサー
担当楽器 シンセサイザーギター
活動期間 1980年代初頭-
著名使用楽器
フェアライトCMI

松浦 雅也(まつうら まさや、1961年6月16日 - )は、ミュージシャン、ゲームデザイナー、プロデューサー。大阪府出身。

来歴[編集]

枚方市立第三中学校大阪府立牧野高等学校を経て、1983年立命館大学産業社会学部卒業。その後、バンド活動をしていたCHAKAと共に、打ち込み音楽の先駆け的ユニット「PSY・S(サイズ)」で1985年にデビューし、9枚のオリジナルアルバムと3枚のベスト盤をリリース 。サウンド面をすべて担当(1996年解散)。

1996年、『パラッパラッパー』は初の音楽ゲームとして70カ国以上でリリースされ、その後の音楽ゲームブームの先駆となる。

1981年、1981 Roland Synthesizer Tape Contest B-class 1st prize受賞。1984年、CGアーティストの季里と、PSY・Sの楽曲Chasing the RainbowDesertを使った映像を制作。1989年公開の伊丹映画『スウィートホーム』の音楽を手がける。1993年には七音社を設立。数々のゲームを制作と並行して、2003年にはAIBO(ERS-7)のサウンドをプロデュースした。

2012年、『ビブリボン(1999年)』はニューヨーク近代美術館(MoMA)初のゲーム収蔵作品のひとつとなる。

現 GDC ADVISORY BOARD EMERITUS メンバー。

主な受賞歴[編集]

  • 1993年、マルチメディアグランプリ
  • 1996年、CECA大賞審査員特別賞
  • 1996年、日本ソフトウェア大賞審査員特別賞
  • 1997年、MMCAアーティスト賞
  • 1997年、米国ZDnet Electronic Gaming Monthly Editor's Choice Awards 4部門受賞
  • 1998年、米国Interacive Achievement award "Outstanding achievement in Interactive Design"賞、同"Outstanding achievement in Sound & Music"賞
  • 1998年、SCEIプラチナディスク賞
  • 1999年、SCEIゴールドディスク賞
  • 2004年、Game Developers Choice Awardsの"First Penguin Award"賞

 著書 [編集]

  • 音楽が好きだ! 第5巻 “コンピューターで音楽を作ろう”‐ポプラ社 1994年

外部リンク[編集]