松浦詮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Matsuura Akira.jpg

松浦 詮(まつら あきら、天保11年10月18日1840年11月11日) - 明治41年(1908年4月13日)は、肥前国平戸藩第12代(最後の)藩主。松浦家第37代当主、茶人。麝香間祗候伯爵

松浦秋(第10代藩主・松浦熈の三男)の長男。正室松浦晧の娘、継室は青山幸哉の娘。子は松浦厚(長男、伯爵家を継ぐ)、松浦靖(次男、分家の子爵家を継ぐ)、稲葉正縄(三男)、佐竹義準(四男)、大隈信常(五男、侯爵)、本多正復(六男、子爵)、松浦廉(七男)、井上勝純(八男、子爵)、長女・宣(前田利嗣正室)、次女(水戸支流松平頼温正室)、三女・都子(伊達宗基正室)、娘(松井松平康義正室)、冏子(伊達武四郎室)。官位は従五位下肥前守

嘉永2年(1849年)11月、伯父で先代藩主の松浦曜の養子となる。安政2年(1855年)12月に叙任。安政5年9月、家督を相続する。明治2年(1869年)4月、版籍奉還にともなって藩知事に就任する。同年4月、従四位下に昇進する。その後、宮内省御用掛となる。明治17年7月、伯爵となる。明治23年7月、貴族院議員となる。後に正二位勲二等に叙される。

1880年(明治13年)、現在の長崎県立猶興館高等学校の基礎となる猶興書院を設立する。

第4代平戸藩主・松浦鎮信(天祥)が興した武家茶道の流派である鎮信流を継承する、石州流鎮信派の家元でもあった。婦女子教育の一環としての茶道を女子学習院、日本女子大学その他の学校で指導した。

死後、染井霊園に埋葬された。

長崎県平戸市にある松浦史料博物館は、詮の旧邸を改装したものである。