松林桂月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

松林 桂月(まつばやし けいげつ、1876年8月18日 - 1963年5月22日)は、日本画家山口県萩市生まれ。元の姓は伊藤、本名は篤。字は子敬。別号に香外、玉江漁人。妻の松林雪貞(せってい)も日本画家。

「最後の文人画家」とも評され、渡辺崋山椿椿山から学んだ精緻で謹直な描写を基礎に、近代の写生画の流行を十分に取り込みながら、そこに漢籍漢詩の素養に裏付けされた品格の高い作風を特色とする。

経歴[編集]

1894年野口幽谷に師事。南画の表現に新たな世界を開拓し、南画界の重鎮と言われる。官展の中心画家で、1906年日本南宗画会を結成。1919年帝展審査員、1932年帝国美術院会員、1937年帝国芸術院会員、1944年帝室技芸員。 1947年日中文化協会理事、1948年日本美術協会理事、1949年日展運営委員会常任理事、1954年同理事、1958年文化勲章受章、文化功労者、日展顧問、1961年日本南画院会長。死後従三位勲二等旭日重光章受章。 弟子に白井烟嵓大平華泉西野新川などがいる。

代表作[編集]

画集・著書[編集]

  • 香外居画譜 郵便堂 1915
  • 田能村竹田 中央美術社 1927
  • 桜雲洞画譜 古今堂 1936
  • 南画の描き方 崇文堂出版部 1936
  • 桂月山人画集 松林篤 1957
  • 松林桂月画集 日本美術新報社 1958
  • 松林桂月遺墨集 天香会 1965
  • 櫻雲洞随録 松林桂月遺稿 松林清風編 二玄社 1997

参考資料[編集]

  • 展覧会図録 『松林桂月展 その墨と色彩の妙』 山口県立美術館、1983年