松本コンチータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
まつもと こんちーた
松本 コンチータ
プロフィール
生年月日 1973年8月10日
現年齢 41歳
出身地: 日本の旗 日本青森県
公称サイズ(出典不明
身長 / 体重 cm / kg
活動
ジャンル アダルトビデオ
AV出演: 1993年 -
他の活動: タレント
AV女優テンプレート | カテゴリ

松本 コンチータ(まつもと コンチータ、1973年8月10日 - )は、1990年代を中心に活動した日本AV女優タレント。自称「マルチ・エロ・アーティスト」、「世界マラナメ教教祖」。青森県出身。AV時代は大阪府出身としていた。

略歴・人物[編集]

地元の大学付属高校を卒業後、短大入学のため上京。2年生の時にスカウトされ、1993年12月にAVデビュー。「コンチータ」という芸名は所属事務所の社長が発案したもので、「チンコ立ち」のもじり。

デビュー直前の1993年フジテレビ特番FNSの日1億2450万人の平成教育テレビ』で、ダウンタウンが担当する『これからAV女優になるのは誰だ?』というコーナーに出演、松本人志に「松本」姓を使わせてもらえるように持ちかけ、以来松本コンチータと名乗るようになった。松本人志が松本コンチータの名づけ親と言われるのは、このためである。また同番組では、「AV女優になったきっかけ」を浜田雅功から聞かれた際、「『テレビに出してあげる』といわれ、だまされたんです。」と発言していた。

「世界マラナメ教」の教祖を名乗り、あけすけな発言によってテレビの深夜番組で人気が出たが、肝心のAVでは決定打と言える作品がないまま当初の出演契約を終了。本人は納得いかず、ベテランAV監督豊田薫を逆指名し、SM色の強いハードな引退作品を撮影させたというエピソードを持つ。

AV女優として活動中の1994年、NHK教育テレビの『ソリトン 金の斧銀の斧』への出演予定が、収録後突然キャンセルになり、番組に何らかの圧力がかかったのではないかとして話題を呼んだ。

AV引退後は「マルチ・エロ・アーティスト」 として、映画Vシネマなどへの出演に加え、クラブイベントなどでのパフォーマンス、音楽・マルチメディア作品の制作、風俗店のプロデュースなど多方面にわたる活動を展開した。

作品[編集]

アダルトビデオ(オリジナル作品のみ)[編集]

  • あぶだかだぶら! コンチータの淫らな祈り!(1993年12月22日、メビウス
  • コンチータの淫乱超能力 魔法の杖はカッチカチ!(1994年1月30日、メビウス)
  • コンチータの淫乱怪気炎 燃えるエロティカ(1994年3月30日、メビウス)
  • 底なし性欲 性食娘(1994年4月21日、SAMM
  • 濡れた放課後 女教師乱れ泣き(1994年4月24日、エイトマン) 共演:美里真理浅倉舞村上憂里朝吹ケイト
  • ベロリン・天使の舌(1994年6月9日、SAMM)
  • 濡れしぐる女豹たち 艶女まんだら(1994年8月29日、エイトマン) 共演:麻宮淳子橘ますみ有森麗
  • RADICAL FINAL 排尿と拝尿(1994年10月22日、アート

R指定ビデオ(オリジナルビデオ以外)[編集]

  • DOCUMENT P.E E.P Vol.1(1994年11月、ZYXプロモーション) 共演:冴島奈緒
  • 女の秘湯シリーズ 湯女 シャロンの巻(1994年12月、ZYXプロモーション) 共演:北岡純奈
  • 湯女すぺしゃる 濡れ輝く媚毛・特別編集版 Vol.2 松本コンチータと3人の湯女たち(ZYXプロモーション)(上記の編集版)

主な出演作品[編集]

映画[編集]

  • みんな〜やってるか!(1995年2月11日、配給:日本ヘラルド映画/ヘラルド・エース)
  • 東京フィスト(1995年10月21日、配給:海獣シアター)
  • ぬるぬる燗燗(劇場版)(1996年2月24日、配給:新東宝映画)
  • 二人が喋ってる。(1997年8月23日、配給:オンリー・ハーツ/スープレックス)

オリジナルビデオ[編集]

テレビバラエティ[編集]

OVA(声優)[編集]

ゲームソフト[編集]

書籍[編集]

写真集[編集]

  • The World is my Oyster(1994年4月25日発行、撮影:山田崇博、宝島社
  • 3D写真集 P.E E.P(1994年11月10日発売、撮影:城ひろし、ZYXプロモーション) 3Dビューアを兼ねるケースに収められた24枚組小型写真集

音楽[編集]

シングル
  • お気楽で行こう c/w パッチン・コンチ(1994年7月6日、メディアレモラス) ※「ポール牧 with 松本コンチータ」名義
  • 小さな竹の橋の下で c/w アロハオエ(1996年、ばんぶーれーべる)
  • 赤鼻のトナカイ c/w ホワイトクリスマス(1996年、ばんぶーれーべる)