松本かつぢ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
松本かつぢ
(まつもと かつぢ)
本名 松本勝治 (まつもと かつぢ)
生誕 1904年7月25日
日本の旗 日本 兵庫県神戸市
死没 1986年5月13日(満81歳没)
日本の旗 日本静岡県田方郡中伊豆町
国籍 日本
職業 画家漫画家絵本作家デザイナー
代表作 くるくるクルミちゃん』(1938年より)
?(なぞ)のクローバー』(1934年
公式サイト 松本かつぢ公式サイト
テンプレートを表示

松本 かつぢ(まつもと かつぢ、1904年7月25日 - 1986年5月13日)は、日本の画家、漫画家、童画家。本名は松本勝冶。妹の龍子は蕗谷虹児の妻。

略歴[編集]

1904年(明治37年)、兵庫県神戸市に生まれる。画家・蕗谷虹児の渡仏送別記事を読み画家を志す。立教中学在籍中のアルバイトで博文館の雑誌のカットを描き、これが挿絵画家の道に入るきっかけとなった。立教中学を中退して川端画学校に入り、1928年昭和3年)、挿絵画家としてデビュー。少女雑誌で少女ファンの圧倒的な支持を集め、中原淳一と人気を二分する画家となった。大正期から昭和初期に人気を誇った高畠華宵の後、蕗谷、加藤まさをの抒情画が『少女画報』『少女倶楽部』『令女界』等の誌上で人気を呼び、それに続いたのが松本、中原らである。中原が作品掲載を禁止された後の『少女の友』を支えた。1938年(昭和13年)に、少女漫画の先駆け的作品である『くるくるクルミちゃん』の連載を開始、連載は35年間続いた。

戦後は、動画の仕事やベビーグッズの企画・制作も手がけた。1971年(昭和46年)に静岡県田方郡中伊豆町(現在の伊豆市)にアトリエを築き、晩年をそこで過ごした。田村セツコ鈴木悦郎上田トシコらが松本に師事している。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]