松戸徳川家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
徳川氏(松戸徳川家)
家紋
本姓 称・清和源氏
家祖 徳川武定
種別 華族子爵
出身地 千葉県松戸市
主な根拠地 千葉県松戸市
凡例 / Category:日本の氏族

松戸徳川家(まつどとくがわけ)は、水戸徳川家明治維新後に分かれた分家。

廃藩置県の後、最後の水戸藩主・徳川昭武は家督を養子(甥)の篤敬に譲り、別邸松戸に営んだが、昭武の実子武定明治25年(1892年)に子爵を授爵したことで新たな華族家として松戸徳川家が創設された。

歴代当主[編集]

系図[編集]

昭武
 
 
 
 
武定1 藤岡勝二
 
 
 
 
 
 
宗子
 
 
 
博武2
 
 
 
 
 
 
 
 
文武3