松平頼策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

松平 頼策(まつだいら よりふみ、嘉永元年9月3日1848年9月29日) - 明治20年(1887年9月10日)は、常陸府中藩の第10代(最後)の藩主。第9代藩主・松平頼縄の三男。正室は松平頼胤の娘、継室は松平頼升の娘。子に頼孝(長男)、頼忠(次男)。官位は従四位下、播磨守。幼名は勇次郎。

生涯[編集]

明治元年(1868年)12月3日、父の隠居により跡を継ぐ。明治2年(1869年)の版籍奉還知藩事となり、このときに藩名を石岡藩と改称した。明治4年(1871年)の廃藩置県で免官となる。明治17年(1884年)には子爵となった。明治20年(1887年)9月10日、40歳で死去した。墓所は茨城県常陸太田市瑞龍山