松平重勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

松平 重勝(まつだいら しげかつ、天文18年(1549年)- 元和6年12月14日1621年1月6日)))は、江戸時代初期の大名越後三条藩主、下総関宿藩主、遠江横須賀藩初代藩主。能見松平家第4代。

松平重吉の四男(異説有り)。母は松平親長の娘(異説有り)。正室は鳥居忠吉の娘。子は松平重忠(長男)、松平重長(次男)、松平重則(三男)、松平重信(四男)、松平勝隆(五男)、娘(岩瀬氏与室)など。大隅守。

徳川家康に仕えて初期の大番頭を勤める、1605年慶長10年)に伏見城の守護、1612年(慶長17年)、家康の六男松平忠輝附家老となり、越後三条2万石を与えられる。長男の重忠は将軍家で大番頭を務めていたため、次男に重長を手元に置いた。

後年、主君忠輝が改易となるが、その上使を務めたのが重勝の五男の勝隆で、その除封申し渡しでは重長ともども、上使の勝隆に付き従う形だったという。

1616年元和2年)7月に忠輝が改易されると幕府に召し返されて徳川秀忠に仕え、1617年元和3年)に譜代大名として2.6万石を拝領して下総関宿藩主となった[1]。その後1619年元和5年)遠江横須賀藩に移った。1620年(元和6年)に死去し、嫡男の重忠が跡を継いだ。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 白根孝胤「徳川一門付家老の成立過程と駿府政権」1999年3月(『徳川林政史研究所研究紀要33』)