松島与三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

松島 与三(まつしま よぞう、1921年2月11日 - 1983年4月9日)は日本の数学者大阪府堺市出身。旧制浪速高等学校を経て、大阪大学理学部卒。

名古屋大学、米ノートルダム大学、大阪大学教授。フランスCNRS所員、プリンストン高等研究所員、グルノーブル大学客員教授。朝日賞受賞。

アインシュタイン-ケーラー空間の正則自己同型群の決定、コンパクト規約対称エルミート空間の1次元ベッチ数の消滅定理、松島-村上同型。

著書[編集]

  • 『リー環論』共立出版、1956年
  • 『多様体入門』裳華房、1965年  

参考文献[編集]

  • 日本の数学100年史編集委員会『日本の数学100年史』岩波書店、1984年
  • 『科学 1983/6月号』岩波書店 

外部リンク[編集]