松岳山古墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
松岳山古墳
位置 北緯34度34分11.7秒
東経135度38分44.6秒
所在地 大阪府柏原市国分市場
形状 前方後円墳
規模 墳丘長130m
築造年代 4世紀
埋葬施設 竪穴式石室 石棺
出土品 銅鏡 碧玉製釧 鉄製武器
史跡指定 国の史跡
テンプレートを表示

松岳山古墳(まつおかやまこふん)は、大阪府 柏原市国分市場1丁目に所在する古墳時代前期の前方後円墳。国の史跡である。

概要[編集]

丘陵頂部に位置しており、前方部を南西に向けている。全長130メートル、後円部の径72メートル、高さ16メートル、前方部の幅32メートル、高さ6.5メートルを測る。1877年(明治10年)、堺県県令税所篤によって発掘され、銅鏡や玉類が出土したとされるが、当時既に盗掘を受けており、詳細な調査記録は残っていないようである。1957年に大阪府教育委員会より委嘱を受け、京都大学考古学研究室の小林行雄らによって発掘調査されている。また1985年~1986年(昭和60年~61年)に柏原市教育委員会によって範囲確認調査が実施されている。

墳丘構造と埴輪列[編集]

墳丘は後円部3段、前方部2段に築造されており、墳丘の裾部分には扁平な板石を葺いた外周施設帯が巡る。なおこの外周施設帯を含めると古墳の全長は150mとなる。円筒埴輪列が確認されており、鰭付楕円型円筒埴輪や朝顔形円筒埴輪も見られる。

内部構造[編集]

後円部中央には竪穴式石室が築かれ、内部に長持形石棺に先行する形式の組合式石棺が納められていた。石室は墳丘上に安山岩の板石を積み上げて築かれている。石棺の南北の両端近くに、高さ1.8メートル~2.3メートル、幅1.4メートルの立石が置かれているが、その正確な用途は未詳である。石棺は地面を浅く掘りんで置かれていて、内側の長さ2.5メートル、北端の幅1.09メートル、南端幅、0.87メートル 高さ0.7メートル~0.75メートルを測る。石棺の蓋石の南端と側石の南北両端には縄突起があり、南北の外側に副室が設けられている。石材には花崗岩と香川県の鷲の山石が使われていると言う。

出土遺物[編集]

1957年(昭和32年)の調査では、硬玉勾玉1、碧玉製勾玉7以上、同丸玉1、ガラス製小玉17、碧玉製石釧27以上、同鍬形石1、銅鏡片2、鉄鏃1、銅鏃3、鉄刀、鉄剣多数 鉄鏃7 鉄鎌片6、土師器などが出土している。4世紀後半の築造と考えられている。

国宝の銅製船氏王後墓誌(三井記念美術館蔵)はこの古墳から出土したと伝えられている。

参考文献[編集]

  • 『日本古墳大辞典』 株式会社東京堂出版 1989年
  • 『図説日本の史跡 第2巻 原始2』、同朋舎出版、1991

関連項目[編集]