松岡政保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
松岡政保
まつおか せいほ
Seiho Matsuoka.JPG
生年月日 1897年9月18日
出生地 沖縄県国頭郡金武町
没年月日 1989年4月7日(満91歳没)
出身校 ・トライステート工科大学
所属政党 沖縄自由民主党

任期 1964年10月31日 - 1968年11月30日
テンプレートを表示

松岡 政保(まつおか せいほ、1897年9月18日 - 1989年4月7日)は、琉球政府政治家実業家1964年10月から1968年11月まで琉球政府行政主席を務めた。沖縄県国頭郡金武町出身。松岡建設・松岡配電の創業者で、復帰後に設立された沖縄電力の社長も歴任する。

経歴[編集]

1897年(明治30年)9月18日生まれ。1912年(明治45年)に渡米し、1924年(大正13年)にインディアナ州のトライステート工科大学を卒業する。

1927年(昭和2年)に帰国。1931年(昭和6年)、宜野座から松岡に改姓[1]。「松岡」の苗字は生家の裏山の松林にヒントを得たとのこと[1]1936年(昭和11年)に沖縄製糖に入社し、技師や工場長を務めた。

沖縄戦後、沖縄諮詢会沖縄民政府の工務部長を歴任するが、1950年の沖縄群島知事選挙に落選した。その後松岡建設・松岡配電を創業し、政財界に人脈を築いていった。

前任者の大田政作主席から始まった政局混乱を収拾するために、1964年に第4代行政主席に就任する。1968年まで在任し、保守政党の合同を実現させた。また、ワトソン高等弁務官に交渉して、行政主席公選制の実現など自治権を拡大していった。

歴代主席の中で唯一、アメリカ留学経験を有する人物であったため、対アメリカ人交渉に長けていたという。

復帰後の1972年(昭和47年)に沖縄電力の社長を務めた。

趣味は三線作りで、彼の自宅には自身の作品が多く置かれていた。

注釈[編集]

  1. ^ a b 武智方寛『沖縄苗字のヒミツ』(ボーダー新書007、ボーダーインク、2011年、ISBN 978-4-89982-201-1)のpp. 85–86

関連項目[編集]