松元町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
松元町
Matsumoto Hiranooka Gym.JPG
廃止日 2004年11月1日
廃止理由 編入合併
喜入町吉田町桜島町松元町郡山町鹿児島市
現在の自治体 鹿児島市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 鹿児島県
日置郡
団体コード 46364-7
面積 51.05km².
総人口 12,698
(2004年9月1日)
隣接自治体 鹿児島市伊集院町吹上町日吉町
町の木 イヌマキ
町の花
松元町役場
所在地 899-2792
鹿児島県日置郡松元町上谷口2883番地
Kagoshima City Office Matsumoto Branch.JPG
座標 北緯31度36分15.6秒
東経130度26分9.5秒
Location of Matsumoto, Kagoshima, Japan.svg
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

松元町(まつもとちょう)は、鹿児島県日置郡にあった

1889年町村制施行に伴いそれまでの伊集院郷(外城)のうち6村の区域を以って上伊集院村(かみいじゅういんむら)として発足し、1960年に改名および町制施行。2004年11月1日鹿児島市に編入され自治体としては消滅した。

2004年9月1日現在で、人口12,698人、世帯数4,629世帯、面積は51.05Km2であり、2000年に行われた国勢調査において松元町は1995年の国勢調査時点からの人口増加率が9.3パーセント増加となり、鹿児島県内の市町村では人口増加率が最も高かった[1]

また、「卓球の町」をスローガンに町おこしを行い、松元平野岡体育館では全国大会なども広く行われていた。

地理[編集]

松元町の中心部は鹿児島市中心部より西へ約10Kmの場所にあり、薩摩半島の中部の南北11Km、東西7.4Kmの範囲に広がっていた。鹿児島湾東シナ海への両斜面を持つ分水嶺地帯にあり、鹿児島湾方面に永田川が流れ、東シナ海方面に神之川水系上谷口川、石谷川、福山川などが流れている。全体が約200m級のシラス台地と浸食谷による渓谷からなっており、集落は河川の沖積低地と台地の縁辺部に立地している[2]

最も高い山は大字春山にある八の久保で391.7mである[3]

大字[編集]

1889年の町村制施行時にそれまでの江戸期の藩政村の区域は大字となり上谷口、福山、石谷、春山、入佐、直木の6大字から構成された。その後2003年7月4日にガーデンヒルズ松陽台(旧称:松元ニュータウン)として造成された区域が石谷、福山、上谷口の各一部より分割され大字松陽台として設置された[4]。翌年の2004年2月2日には直木及び上谷口の一部より分割され大字四元及び大字平田の2大字が設置されており[5]、2004年の鹿児島市編入時には8大字が存在していた。

鹿児島市編入時に従来の大字の区域の全部より町の区域が設定された。編入時の松元町の区域は現在の鹿児島市上谷口町石谷町福山町松陽台町春山町四元町平田町直木町入佐町にあたる。

隣接していた市町村[編集]

自治体名の由来[編集]

旧上伊集院村役場が大字上谷口字松元にあり、町制施行前の1954年(昭和29年)に鹿児島本線に設置された薩摩松元駅の松元に一致させたことに由来している[2]

歴史[編集]

原始期[編集]

先土器時代の遺跡及び遺物は見つかっていないが、縄文、弥生期のものは直木、入佐、春山を中心に発見されており、縄文期の遺跡は多くが台地や山地に所在している。近年では南九州西回り自動車道建設時に福山にて縄文期のものとみられるフキカキ遺跡が発見されている。弥生期のものとしては直木の東昌寺遺跡では北九州の遠賀式土器が多く出土している。この一帯も「記紀」で見られる阿多隼人の居住地であったと考えられている。古墳時代のものとしては入佐にある大鳥神社跡から土師器などが出土している[2]

古代期[編集]

松元町域にあたる部分は薩摩国日置郡に属しており、朝廷は大隅及び薩摩にて班田を実施しているが町域にあたる部分には山林沼沢が多かった為、その痕跡は見当たらない。平安初期の日置郡は3郷からなり、そのうちの納薩は「いりさ」と読み、現在の入佐に比定するという説がある。

また、律令時代には当地域は国衙領として日置郡の郡司の支配下にあったはずであるが、建久8年の「薩摩国図田帳」によると満家院、伊集院、市来院及び日置荘から成立しており、伊集院の領域に属していた。

上谷口の内田にある上坊観音堂跡石塔群は平安末期にこの地の名主であった紀平二元信の五輪塔であるといわれている。この紀平二元信は紀貫之の子孫であるとされている伊集院郡司系の一族のものであると考えられる。「万得」という地名があり、これは大隅正八幡宮と深い関係にある名田を意味しており、その荘園に類するものと考えられている。

中世期[編集]

鎌倉時代頃は伊集院の一部に属していたが、伊集院郡司を世襲していた紀氏は血統が絶断し、13世紀末期に島津久兼が伊集院氏を名乗り伊集院の城山に移った。

その後島津忠国一宇治城を攻撃し、伊集院氏は滅亡した。その後島津勝久は伊集院を島津忠良に領有させたが、1526年(大永6年)に島津忠良が加治木征伐を行っている留守中に島津実久が伊集院を占領し、肥後盛家に谷口城を守備させていた。また、実久が当地を通り伊集院に行く際に道中に座った巨大石が上伊集院駅の東方にある饅頭石であるとされている。

近世期[編集]

江戸期の伊集院郷の地図と町村制施行後の上伊集院村(薄ピンク)

「天保郷帳」に見える松元町の区域にあたるの村は、日置郡伊集院郷(外城)の27村のうち5村があり、各村の村高は石谷村1,049石余、福山村933石余、直木村862石余、入佐村476石余、春山村253石余であった。

また、上谷口の地名がこの頃には見えないが後に谷口村が上谷口村と下谷口村(現在の日置市伊集院町下谷口)に分村し、この頃より上谷口村が見えるようになったと「薩藩政要録」に記されている。近世の伊集院郷は藩の直轄地として地頭による支配を受けていた。

江戸中期以降は台地や大山野の開墾が積極的に進められた。寛永年間以降に地頭制が従来の居地頭から掛持地頭に改められ、それまで石谷村の領主であった町田氏(石谷氏とも)は藩内各地の地頭を任命されたり、藩の家老としてその要職にあった。町田家は一所持であり1,742石余を領有していた。

石谷村の領主である町田家が鹿児島城下に移住した後、石谷村の政治の中心は御仮屋となり、周辺には有馬氏などの郷士集落が多かった。万延元年に町田助太郎久成(町田久成)の要請で統治を委託された有馬新七は鹿児島城下を離れ、石谷を治めることとなった。有馬新七は当地に刑法を定めたり、郷士に五人組制を実施するなどの指導を行った。

近現代[編集]

1889年の市制町村制施行時の現在の鹿児島市域にあたる自治体の地図。松元町の区域は上伊集院村として成立した

江戸末期より茶、稲、野菜などの園芸作物などを中心に栽培されていたが、1913年(大正2年)に川内線(現在の鹿児島本線)の東市来駅から鹿児島駅までが開通し、上伊集院村には饅頭石駅(現在の上伊集院駅)が設置され、鹿児島市の近郊農村となり植林、茶、桑、タバコなどの栽培が盛んに行われるようになった。明治4年には直木施業森林組合が発足し、日置郡が造林用の苗木供給のために上伊集院分場を設置した。その後鹿児島市の近郊に位置していることによって兼業農家が増加し、8割を占めるようになった[3]

1954年(昭和29年)に請願駅として薩摩松元駅が中心部に設置され、平成に入ると駅周辺を中心に住宅団地やニュータウン(ガーデンヒルズ松陽台など)が建設されたり、石谷には南九州西回り自動車道が開通するなど交通網や住宅環境の整備が進んだが、急激な開発により一部の地域ではスプロール化している地域もある。

2004年(平成16年)11月1日に鹿児島市へ編入され、自治体としては消滅した。

沿革[編集]

行政区域の変遷[編集]

  • 1889年4月1日 - 町村制施行に伴い、それまでの伊集院郷のうち江戸期の藩政村である上谷口村、福山村、石谷村、春山村、直木村、入佐村の区域より上伊集院村発足。
  • 1960年4月1日 - 上伊集院村が町制施行及び即日改名し松元町となる。
  • 2004年11月1日 - 鹿児島市に編入され消滅[6]

文化財[編集]

種別 名称 所在地
県有形民俗 入佐の田の神 入佐
有形民俗 仙寿院の跡
記念物 岩屋観音 春山
有形民俗 森園の田の神
記念物 町田家の墓 石谷
記念物 石坂
有形民俗 上坊石塔群 上谷口

行政[編集]

歴代村長・町長[編集]

町村制施行以降の上伊集院村・松元町長を記載する。表記は各出典の記述に基づく[7][8]

氏名 就任期間
上伊集院村長(1889年 - 1960年)
初代村長 遠竹友衛 1889年6月8日 - 1897年6月7日
第2代村長 町田実央 1897年6月8日 - 1901年6月7日
第3代村長 森幸左衛門 1901年6月8日 - 1905年6月7日
第4代村長 四元矢之助 1905年6月8日 - 1917年6月7日
第5代村長 森山友二 1917年6月8日 - 1921年6月7日
第6代村長 倉内藤一郎 1921年6月8日 - 1929年6月7日
第7代村長 吉永長之進 1929年6月8日 - 1930年3月9日
第8代村長 石原源十郎 1930年4月1日 - 1934年3月31日
第9代村長 上竹原善次郎 1934年4月1日 - 1935年11月25日
第10代村長 篠原喜角 1935年12月10日 - 1943年12月9日
第11代村長 上竹原善次郎 1943年12月10日 - 1946年12月10日
第12代村長 末永善助 1947年4月5日 - 1955年4月29日
第13代村長 東純男 1955年4月30日 - 1960年3月31日
松元町長(1960年 - 2004年)
初代町長 東純男 1960年4月1日 - 1970年4月30日
第2代町長 奥武雄 1970年5月1日 - 1972年4月30日
第3代町長 畠中市太郎 1972年5月1日 - 1979年3月6日
第4代町長 九万田萬喜良 1979年3月7日 - 1983年7月7日
第5代町長 四元泰盛 1983年7月8日 - 2004年10月31日

町章[編集]

松元町のマツを図案し、円は町民の融和、団結を表し、右に伸びる翼のツは調整の発展伸長を鳥で象徴している[9]

人口[編集]

以下の人口遷移表は『松元町閉町記念誌』27頁の記述に基づく。

1920年 1930年 1940年 1950年 1960年 1970年 1980年 1990年 2000年 2004年
人口 6,948 7,131 7,114 9,736 8,442 7,241 8,616 9,803 12,065 12,734
世帯数 1,718 1,631 1,556 2,003 2,001 2,053 2,717 3,236 4,234 4,642

地域[編集]

教育[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

太字の学校は標準服の着用が義務付けられており、全学校で制服が指定されている。

幼稚園・保育園[編集]

公立

  • 松元町立松元幼稚園

私立

  • 松元中央幼稚園
  • 仁田尾保育園

郵便局[編集]

  • 上伊集院郵便局
  • 松元駅前郵便局

特産物[編集]

  • 松元茶

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

高速道路[編集]

県道[編集]

広域農道[編集]

松元町出身の著名人[編集]

  • 肥後かおり(プロゴルファー)
  • 上柿元勝(フレンチシェフ・ハウステンボスホテルズ名誉総料理長)
  • 野口たくお(MBCタレント、小学校在籍時に鹿児島市へ転出)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成12年国勢調査 第1次基本集計結果(総人口、市町村人口) - 鹿児島県 2013年10月17日閲覧。
  2. ^ a b c 角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』角川書店 p.1072
  3. ^ a b 『松元町閉庁記念誌松元町の歴史』松元町 2004年
  4. ^ 平成15年鹿児島県告示第863号(字の区域の設定及び変更、Wikisource-logo.svg 原文
  5. ^ 平成16年鹿児島県告示第70号(同年1月16日発行「鹿児島県公報」第1950号所収。Wikisource-logo.svg 原文)。
  6. ^ 平成16年総務省告示第591号(市町の廃置分合、Wikisource-logo.svg 原文
  7. ^ 『松元町閉町記念誌 松元の歴史』 松元町、pp.29-30
  8. ^ 『松元町郷土誌』 松元町、巻頭の歴代村(町)長一覧
  9. ^ 松元町 - 鹿児島市 2012年4月23日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]