東須磨駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東須磨駅*
踏切から撮影した東須磨駅駅舎(2008年2月22日)
踏切から撮影した東須磨駅駅舎(2008年2月22日)
ひがしすま - Higashi-suma
SY 02 板宿 (0.8km)
(0.8km) 月見山 SY 04
所在地 神戸市須磨区若木町一丁目
駅番号 SY 03
所属事業者 山陽電気鉄道
所属路線 本線
キロ程 1.8km(西代起点)
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面4線
乗降人員
-統計年度-
3,485人/日
-2008年-
開業年月日 1910年明治43年)3月15日
* 改称経歴
- 1917年 大手駅→須磨東口駅
- 1944年 須磨東口駅→東須磨駅
プラットホーム

東須磨駅(ひがしすまえき)は、兵庫県神戸市須磨区若木町一丁目にある、山陽電気鉄道本線。駅番号はSY 03

阪神本線から直通してくる一部の列車は当駅で折り返す。また、明石・姫路方面から山陽須磨駅発着の列車も当駅まで回送して折り返し、山陽須磨駅で再び営業運転に戻る。また車庫所在駅である関係で、当駅を始発または終着とする列車が設定されている。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式2面4線のホームを持つ橋上駅。改札口は1ヶ所のみ。月見山駅方に東須磨車庫がある。かつては[いつ?]2面3線だったが改良された。駅西方には引上線が2本存在したが、内1本(南側)は近年撤去された[要出典]

のりば[編集]

1・2 本線(下り) 明石姫路網干方面
3・4 本線(上り) 三宮大阪方面

偶数番線(2番線と4番線)が主本線、奇数番線(1番線と3番線)が待避線である。3番線からは姫路方面への出発も可能で、山陽須磨発着の普通列車の折り返しにも使われる。板宿からは3番線(上り待避線)に、月見山からは2番線(下り本線)の入線にも対応している。(阪急が乗り入れていた頃の朝ラッシュ時は板宿から3番線に入線してそのまま折り返す列車や、月見山から2番線に入線してそのまま折り返す列車も存在した。[要出典]

利用状況[編集]

乗降者数 3,485人(2008年11月11日調査)

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

山陽電気鉄道
本線
山陽特急直通特急(A直特)・S特急
通過
直通特急(B直特)・阪神特急・普通
板宿駅 (SY 02) - 東須磨駅 (SY 03) - 月見山駅 (SY 04)
*A直特は種別幕が赤(直通特急)のものを指す。B直特は種別幕が黄色(直通特急)のものを指し、後者は阪神三宮駅 - 山陽須磨駅間の各駅に停車する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 「駅の変遷」、『山陽電気鉄道百年史』、山陽電気鉄道株式会社、2007年11月、 388-391頁、2014年11月1日閲覧。
  2. ^ その後、1943年(昭和18年)11月20日に営業休止し、1946年(昭和21年)8月3日廃止される。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]