東野美紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

東野 美紀(ひがしの みき、1965年1月1日 - )は大阪府出身のゲームミュージック作曲家。長年コナミで作曲を手がけ、MIKI-CHANGなどのペンネームでも知られる。現在はフリーランス

幼い頃から絶対音感を持ち、両親の影響もあって子供の頃から主にクラシック音楽を聴いて育つ。大阪音楽大学作曲学科に入学後、友人に誘われピアノ2台の女性2人組ポピュラーバンドを組み、ヤマハポピュラーソングコンテストに出場(準決勝まで進出)。大学時代にコナミで作曲のアルバイトを始め、『グラディウス』『沙羅曼蛇』を手掛けた。新卒としてコナミから内定が出ていたが辞退し、卒業後はリクルート社に入社。その後中途採用でコナミに入社。コナミ復帰後は『グラディウスIII -伝説から神話へ-』『魂斗羅スピリッツ』などの作曲を担当。コナミ矩形波倶楽部のメンバーとして数々の作品を送り出した。

自身が手掛けていた『幻想水滸伝』は、音楽的にも成功を収めたため、『幻想水滸伝II』では、彼女自身がスコアを書きヨーロッパのオーケストラの演奏を録音するために、実際にヨーロッパまで出向いている。フルオーケストラの譜面を書ける数少ないゲームミュージック作曲家の一人。しかし『幻想水滸伝III』からは本人の意向で離れた。

現在1児の母、音楽活動を再開している。

参加作品[編集]

外部リンク[編集]