東邦テナックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東邦テナックス株式会社
Toho Tenax Co., Ltd.
Toho Tenax logo.svg
種類 株式会社
市場情報
東証1部 3403 2007年8月28日上場廃止
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:100-8585
東京都千代田区霞が関三丁目2番1号
霞が関コモンゲート西館)
設立 1950年7月1日
(創業 1934年6月15日
業種 ガラス・土石製品
事業内容 炭素繊維、耐炎繊維、活性炭素繊維
代表者 代表取締役社長 亀井範雄
資本金 179億9,200万円
売上高 515億4,200万円(2008年3月期連結)
純利益 23億6,000万円(2008年3月期連結)
従業員数 1,328名(2008年)
決算期 3月
主要株主 帝人 (100%)
主要子会社 関連会社参照
外部リンク http://www.tohotenax.com/
テンプレートを表示

東邦テナックス株式会社(とうほうテナックス)は、東京都文京区に本社を置くPAN系炭素繊維メーカー。世界を代表する規模を誇り、生産高は世界第2位。主力製品である炭素繊維は、風力発電のブレード(羽根)や高圧タンク向けなどの産業用途のほか、仏エアバス社の超大型旅客機エアバスA380を始めとした航空宇宙分野向けに出荷されている。

昭和9年(1934年)創業の東邦人造繊維株式会社をルーツとする。その後は「東邦レーヨン」という社名を経て、現在に至る。親会社は帝人。帝人が親会社になる以前は日清紡績だったが、現在は資本・人的関係はなくなった。

2006年3月期決算は、大垣工場跡地売却損の発生により44億円の赤字決算となる。来期以降は、航空宇宙分野を中心に炭素繊維市況は需要・単価ともに硬調に推移することが見込まれることから、好業績が期待されている。

沿革[編集]

  • 1934年6月 ‐ 東邦人造繊維株式会社を創業。
  • 1950年7月 ‐ 東邦レーヨン株式会社を設立。
  • 2000年2月 ‐ 帝人株式会社の子会社となる。
  • 2001年7月 ‐ 現在の社名に変更。
  • 2007年5月28日帝人の完全子会社化の予定を発表。
  • 2007年8月 ‐ 上場廃止。
  • 2007年9月1日 ‐ 帝人の完全子会社となる。

関連会社[編集]

  • 東邦化工建設株式会社
  • 東邦機械工業株式会社
  • 東邦セールス株式会社
  • 東邦テキスタイル株式会社

外部リンク[編集]