東浦町 (兵庫県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ひがしうらちょう
東浦町
Flag of Higashiura Hyogo.JPG
東浦町旗
Higashiura Hyogo chapter.svg
東浦町章
1962年昭和37年)3月24日制定
廃止日 2005年4月1日
廃止理由 新設合併
東浦町、淡路町津名町北淡町一宮町、→淡路市
現在の自治体 淡路市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 兵庫県
津名郡
団体コード 28686
面積 24.42km²
総人口 8,774
(2003年3月31日)
町の木 ウバメガシ
町の花 カーネーション
町の鳥 千鳥
東浦町役場
所在地 656-2392
兵庫県津名郡東浦町久留麻239番地1
淡路市東浦事務所
東浦町位置図
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

東浦町(ひがしうらちょう)は、兵庫県南部、瀬戸内海に浮かぶ淡路島北部にかつて存在した

2005年4月1日に津名郡淡路町、津名町、北淡町、一宮町、東浦町の5町が合併淡路市を新設したことから消滅した。

地理[編集]

東浦市街地

大阪湾の西側に位置し、東経135度の子午線が通る自治体としては最南端にある。[1]

歴史[編集]

行政[編集]

氏名 就任年月日 退任年月日 備考
01 砂川忠弥 1961年昭和36年)7月18日 1965年(昭和40年)7月16日  
02 新阜貞二 1965年(昭和40年)7月17日 1985年(昭和60年)7月16日  
03 新阜京一 1985年(昭和60年)7月17日 2005年平成17年)3月31日  

経済[編集]

産業[編集]

  • 主な産業
  • 産業人口

漁業[編集]

  • 仮屋漁港

姉妹都市・提携都市[編集]

日本国内[編集]

地域[編集]

中持の街並み
  • 合併後は大字表記になっている。
大字名 郵便番号
656-2305
大磯 656-2302
釜口 656-2334
仮屋 656-2331
楠本 656-2301
久留麻 656-2311
小磯 656-2303
河内 656-2323
下田 656-2303
白山 656-2322
656-2332
中持 656-2321
656-2304
夢舞台 656-2306

健康[編集]

  • 平均年齢

教育[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

  • 東浦町立東浦中学校

小学校[編集]

  • 東浦町立浦小学校
  • 東浦町立釜口小学校
  • 東浦町立学習小学校

交通[編集]

鉄道[編集]

町内には通っていない。

道路[編集]

  • 高速道路
東浦IC北側に設置された東経135度(子午線)のモニュメント(高速バス車内より撮影)

船舶[編集]

  • 大磯港
明石海峡大橋開通まで淡路フェリーボートが須磨港までの航路を運航していた(片道約50分)。
かつてのフェリーターミナルには三洋エナジー東浦とラジオ関西神戸送信所がある。
  • 浦港
かつては淡路フェリーが長田港、淡路連絡汽船が岩屋港経由明石港行きの航路を運航していた。
  • 釜口港

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

あわじ花さじき

出身有名人[編集]

その他[編集]

  • 東浦町分立の際、世帯単位で淡路町に残ってもよいことになり、東浦町内の至る所に淡路町の飛地が存在することになる。淡路町の飛地に住む世帯は岩屋の小・中学校に通わなければならず、不便を強いられることになった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東浦町東経135度子午線標識を訪ねて”. 東経135度子午線標識を訪ねて. 2012年5月16日閲覧。
  2. ^ 概ね旧釜口村仮屋町・[[浦村 (兵庫県)|]]にあたる。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 東浦町のあゆみ”. 東浦町. 2012年5月16日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 東浦町制40周年記念誌”. 東浦町. 2012年5月16日閲覧。
  5. ^ a b c d 東浦町制20周年記念誌”. 東浦町. 2012年5月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]