東洋エクステリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
LIXILグループ > LIXIL > トステム > 東洋エクステリア
東洋エクステリア株式会社
TOYO EXTERIOR Co.,LTD
種類 株式会社
市場情報 非上場
東証1部 5937 2000年10月上場廃止
略称 TOEX、トエックス
本社所在地 郵便番号:162-0022
東京都新宿区新宿1丁目4番12号
設立 1974年11月18日
業種 金属製品
代表者 取締役社長 福田功
資本金 129億円5600万円(2008年3月末)
売上高 563億円(2008年3月期)
従業員数 549人(2008年3月末)
決算期 3月31日
主要株主 株式会社住生活グループ
外部リンク http://toex.lixil.co.jp/
特記事項:2011年4月1日にトステム株式会社(存続会社)、株式会社INAX新日軽株式会社、(初代)株式会社LIXILと合併し(2代目)株式会社LIXILとなり解散。当項目は旧会社のデータ。
テンプレートを表示

東洋エクステリア株式会社(とうようエクステリア、TOYO EXTERIOR Co.,LTD)は、かつて存在した住生活グループ(現・LIXILグループ)傘下の住宅関連企業である。当初はトステム株式会社の関連企業として設立された企業で、2011年4月にトステム、株式会社INAX新日軽株式会社、(初代)株式会社LIXILと合併し、(2代目)株式会社LIXILとなった。略称・ブランド名は「TOEX」(トエックス)で、合併後のLIXILでも存続している。

概要[編集]

住宅の外構部に関する製品、および公園や公共施設における環境用資材などの製造・販売を行っており、これら住宅外構を「エクステリア」と命名したのは同社とされている[要出典][1]

沿革[編集]

  • 1974年11月 - トーヨーサッシ(後にトステム)の関連会社として設立
  • 1980年1月 - 小川工場新設
  • 1984年8月 - 児玉物流センター新設
  • 1986年8月 - 東京証券取引所第2部に上場
  • 1988年7月 - 水口総合物流センター新設
  • 1988年10月 - 中央研究所新設
  • 1989年7月 - 広川工場・広川物流センター新設
  • 1989年10月 - 駒ヶ根工場・駒ヶ根ELセンター新設
  • 1990年3月 - 東京証券取引所第1部に上場
  • 1992年1月 - 水口工場新設
  • 1999年8月 - 岡部総合物流センター設立(児玉センターは現在、LIXILビバの物流センターとして機能)
  • 2000年10月 - トステムグループの持株会社化移行に伴い、株式交換により同グループの完全子会社化。同時に株式上場廃止
  • 2001年10月 - 持株会社INAXトステム・ホールディングス(現:LIXILグループ)の事業会社に移行
  • 2011年4月 - トステム株式会社へ吸収合併され消滅。トステム株式会社は株式会社LIXILに商号変更

脚注[編集]

  1. ^ 「エクステリア」の語源は英語の"exterior"であるが、英語では「外部」、「屋外」といった広い意味で用いられ、特に「住宅外構」のみを指して用いられる語ではない。

外部リンク[編集]