東条操

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

東条 操(とうじょう みさお、1884年12月14日 - 1966年12月19日)は、日本国語学者旧制静岡高等学校広島高等師範学校学習院東洋大学教授東京大学講師。日本全国を回り、日本の方言研究の土台を築いた。

来歴[編集]

1884年明治17年)に東京都浅草で生まれる。東京府立一中などを経て、東京帝国大学文科卒業。上田萬年講義から方言研究に進む。1927年昭和2年)の旧制静岡高等学校教授時代に、「大日本方言地図・国語の方言区画」をまとめる。1931年(昭和6年)、柳田國男橋本進吉らと共に『方言』を創刊した。

その後、『標準語引分類方言辞典』や『全国方言辞典』、『方言と方言学』、『国語学新講』などを出版する。

1966年(昭和41年)死去。享年82。

関連項目[編集]