東方綺譚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

東方綺譚』(とうほうきたん、原題:Nouvelles orientales)は、フランスの女性作家マルグリット・ユルスナールによる、10章の短篇からなる小説である。短篇はいずれも、日本、中国、インド、中東、ギリシャといったヨーロッパの「東方」に位置する国々に古くから伝わる物語や伝説を素材としつつ、ユルスナールの自由な想像力による大胆な翻案がされている。

多田智満子による日本語訳が、白水社から新書版の白水Uブックスで刊行された。同社の〈ユルスナールセレクション4〉にも収録されている。

内容[編集]

以下は白水Uブックス版に収録されていない。

  • マルコ・クラリエヴィッチの最期(La Fin de Marko Kraliévitch

出典元[編集]

原典(フランス語)
  • Nouvelles orientales (1938年)
英語版
  • Oriental Tales (Isis Large Print Books; Lrg版、1991年3月、ISBN 1852900180
日本語版
  • 『東方綺譚』多田智満子訳(白水社〈白水Uブックス〉、1984年12月、ISBN 4560070695
    ※初版単行版『東方綺譚』は1980年7月  

参考文献[編集]