東方紅2号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

東方紅2号中国語: 东方红二号: Dong Fang Hong 2, DFH-2)は中国が20世紀後半に使用していた放送衛星中国空間技術研究院(CAST)が開発を行い、設計寿命は4.5年。この衛星シリーズは1984年から対地同期軌道へ打ち上げられた。この衛星からの放送は中国全土と周辺国の一部をカバーしていた。スピン安定方式の円筒型で、直径2.1m、高さ3.1m。1990年から1991年まで運用された[1]

東方紅2号A[編集]

東方紅2号A(DFH-2A)は東方紅2号の後継機で、放送用のパラボナ通信アンテナを衛星の頂点に取り付けていた。1993年まではすべての東方紅衛星が軍によって運用されていた[2]。東方紅2号Aは全て1990年代には燃料を使い果たし、運用を終了している[2]。DFH-2A-1、2A-2、2A-3はそれぞれ後にChinaSat-1、ChinaSat-2、ChinaSat-3へ改名されている[2]

リスト[編集]

日時 名称 別名 ロケット 成否
1984-01-29 DFH-2 1 STTW T1 CZ-3 失敗
1984-04-08 DFH-2 2 STTW T2 CZ-3 成功
1986-01-01 DFH-2A 1 STTW 1 CZ-3 成功
1988-03-07 DFH-2A 2 STTW 2, ZX 1 CZ-3 成功
1988-12-22 DFH-2A 3 STTW 3, ZX 2 CZ-3 成功
1990-02-04 DFH-2A 4 STTW 4, ZX 3 CZ-3 成功
1991-12-28 DFH-2A 5 STTW 5, ZX 4 CZ-3 失敗
引用資料:[1][2]

参考文献[編集]

  1. ^ a b DFH-2 1, 2”. GUNTER'S SPACE PAGE. 2010年9月7日閲覧。
  2. ^ a b c d DFH-2A 1, 2, 3, 4, 5 (STTW, ZX 1, 2, 3, 4)”. GUNTER'S SPACE PAGE. 2010年9月7日閲覧。