東南アジア聖公会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

東南アジア聖公会(英語: Church of the Province of South East Asia)は、東南アシアにおける聖公会で、聖公会連合に所属している。タイカンボディアラオスベトナムブルネイマレイシアインドネシアシンガポールネパルを担当地域としている。

歴史[編集]

1786年にイギリス東インド会社ペナン島に聖公会教会を建設し、宣教活動が始まった。1805年にイングランド国教会から正式に宣教団が送られた。イギリス帝国による植民地主義は瞬く間に東南アジアを併呑し、各地に教会が建設された。マレーシアでは宣教活動だけでなく英語教育も行われていた。教区はシンガポール、西マレーシア、サバ州クチンの四つに置かれている。シンガポールのセント・アンドリュー大聖堂は聖公会の建築物である。現在、東南アジア全体で信徒数は約98000人である。世界教会協議会に所属している。

外部リンク[編集]

公式サイト

執筆の途中です この項目「東南アジア聖公会」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。