東北抗日義勇軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

東北抗日義勇軍1931年満州事変以降、中国東北部の平民や警察や東北軍の一部の官兵によって構成された義勇軍、救国軍、自衛隊などの抗日武装の総称である。東北抗日義勇軍の各部分の由来は以下を含むが、それだけに限定されない。

  • 1931年9月18日 満州事変発生時、遼寧省警務処処長黄顕声zh:黃顯聲)がまず一部の警察部隊を率いて日本軍を攻撃し、その後に遼西地区の将民と地方保安部隊が遼寧抗日義勇軍を作った。
  • 1931年10月初、曾任鳳城県警察署署長の鄧鉄梅zh:鄧鐵梅が当県で東北民衆自衛軍を建立した。
  • 1931年11月、北平東北社会の名門組織の東北民衆抗日救国会が、将遼寧各地及び熱東や蒙辺地区の義勇軍を統一して東北民衆自衛義勇軍と改称した。
  • 1932年1月31日、zh:李杜 (軍人)などがハルビンで吉林自衛軍を設立した。
  • 1932年2月、東北郡営長王德林が中国国民救国軍を設立した。
  • 1932年11月、東北郡の軍人の馬占山が海倫地区へ撤退した後に抗日武装組織を吸収して義勇軍約5万人を作る。

1932年には東北抗日義勇軍の各部分は約50万人まで発展していた。遼寧南部や吉林東部や黒竜江嫩江地区でゲリラ戦を進行していた。1933年から国民政府は東北義勇軍を支援し、東北協会(1933-1948年)が成立した。責任者は裴毓貞で、相次いでzh:宋長志王多年(金防司令)などの学生を黄埔軍校に送った。。1938年春東北抗日義勇軍の大部分は壊滅し、一部は中共の指揮下に入り[要出典]戦闘を続け、後に東北抗日聯軍を構成する一部となった。

多くの部分はソ連を経て新疆に進入した。東北抗日義勇軍は新疆に入った後、命令に従ってそれぞれウルムチとイリに駐在し、部隊の総人数は二万四千八百九十四人であった。[1]

1945年8月15日,昭和天皇玉音放送で無条件降伏を発表したあとに、国民政府は9月に熊式輝を東北に進駐させ東北行営主任に任じた。

參考文獻[編集]

  1. ^ 谷梦麟、陈方伯 (1996) (簡體中文). 《东北抗日义勇军在新疆》. 中國: 新疆人民出版社. ISBN 9787228040162.