東京製綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東京製綱株式会社
Tokyo Rope Mfg. Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 5981
大証1部(廃止) 5981 2013年7月12日上場廃止
本社所在地 103-8306
東京都中央区日本橋3-6-2
設立 1887年明治20年)4月1日
業種 金属製品
事業内容 ワイヤーロープなどの製造販売
代表者 代表取締役社長執行役員 蔵重新次
資本金 150億7,416万円
売上高 単独:39,647百万円
連結:65,289百万円
(2013年3月期)
純資産 単独:7,434百万円
連結:11,796百万円
(2013年3月)
総資産 単独:75,141百万円
連結:82,944百万円
(2013年3月)
従業員数 単独:822名、連結:1,988名
(2013年3月)
決算期 3月
主要株主 新日鐵住金 7.07%
ハイレックスコーポレーション 2.45%
東京ロープ共栄会 2.32%
(2013年3月31日現在)
主要子会社 東京製綱繊維ロープ
東綱スチールコードなど
関係する人物 大倉喜八郎 渡部温
外部リンク http://www.tokyorope.co.jp/
テンプレートを表示

東京製綱株式会社(とうきょうせいこう、英文社名:Tokyo Rope Mfg. Co., Ltd.)は、東京都中央区に本社を置くワイヤーロープスチールコードなどのメーカーである。

事業内容[編集]

  • ワイヤーロープ、ワイヤー、スチールコードの製造
  • エンジニアリング
  • ワイヤー製品に関する機械の販売、その他金属繊維の製造

沿革[編集]

  • 1887年明治20年) - 東京製綱会社設立。
  • 1893年(明治26年) - 現社名に変更(商法制定による)。
  • 1896年(明治29年) - 東京証券取引所に上場。
  • 1954年昭和29年) - 東京製綱ホーム百科全8冊刊行。
  • 1968年(昭和43年) - 繊維ロープ製造部門を東京製綱繊維ロープ株式会社として設立する。
  • 1970年(昭和45年) 東京製綱スチールコード株式会社、株式会社東綱機械製作所を設立する。
  • 1971年(昭和46年) - 大阪ロープ工業株式会社を合併。
  • 1985年(昭和60年) - 日鐵ロープ工業株式会社を合併。
  • 2001年平成13年) - 東綱商事株式会社を合併。
  • 2007年(平成19年) - 東京製綱スチールコード株式会社を合併。
  • 2009年(平成21年) - 株式会社東綱機械製作所を合併。
  • 2013年(平成25年) - 新設分割により、スチールコード製造事業・産業用機械製造事業を東綱スチールコード株式会社・東綱機械株式会社にそれぞれ承継。

事業所所在地[編集]

  • 本社 - 東京都中央区日本橋3-6-2
  • 支店
  • 営業所
    • 鋼索鋼線事業部
      • 札幌営業所 - 札幌市白石区流通センター6-3-46
      • 釧路営業所 - 釧路市錦町5-3 三ツ輪ビル
      • 名古屋営業所 - 名古屋市中区栄1-14-15 RSビル
      • 四国営業所 - 丸亀市新浜町1-12-13 シーサイドビル
      • 九州営業所 - 北九州市小倉北区米町1-1-21 大分銀行・明治安田生命ビル
    • エンジニアリング事業部
      • 長野営業所 - 長野市西後町1597-1 長野朝日八十二ビル
      • 新潟営業所 - 新潟市中央区上近江4-2-19 日生不動産(株)本社ビル
      • 広島営業所 - 広島市中区大手町2-8-5 大手町センタービル
      • 盛岡営業所 - 盛岡市本宮1-31-1 松嶋ビル
  • エンジニアリングセンター
    • 東日本エンジニアリングセンター - かすみがうら市宍倉5707
    • 関西エンジニアリングセンター - 貝塚市堀2-18-30
    • 北九州エンジニアリングセンター - 北九州市小倉北区浅野2-11-15 小倉興産7号館
  • 工場
    • 土浦工場・研究所 - かすみがうら市宍倉5707
    • 堺工場 - 堺市西区築港新町二丁6-1

上記の他、モスクワカザフスタンに事務所がある。

製品安全性偽装[編集]

登山用ロープナイロンザイルの安全性を偽装した事件。これにより20名以上の登山家が死亡した。尚、事故にあったナイロンザイルは当社製の物と限ったものではなくザイル全体の実験を行ったものである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]