東京北医療センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東京北社会保険病院から転送)
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 東京北医療センター
Tokyo-kita Social Insurance Hospital.JPG
情報
英語名称 Tokyo-Kita Social Insurance Hospital
前身 社会保険都南総合病院
標榜診療科 内科、消化器科、循環器科、呼吸器科、小児科、外科、脳神経外科、整形外科、眼科、耳鼻いんこう科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、放射線科、麻酔科、こう門科、リハビリテーション科
許可病床数 280床
一般病床:280床
機能評価 一般200床以上500床未満:Ver5.0
開設者 公益社団法人地域医療振興協会
管理者 住永佳久(院長)
開設年月日 2004年4月22日
所在地
115-0053
東京都北区赤羽台4-17-56
位置 北緯35度47分2.5秒
東経139度42分40.4秒
座標: 北緯35度47分2.5秒 東経139度42分40.4秒
二次医療圏 区西北部
PJ 医療機関
テンプレートを表示

北緯35度47分2.5秒
東経139度42分40.4秒

東京北医療センター(とうきょうきたしゃかいほけんびょういん)とは、東京都北区に位置する医療機関公益社団法人地域医療振興協会(JADECOM) が運営を行っている病院である。国立病院東京災害医療センターに移転統合した国立王子病院の跡地に設立された。

沿革[編集]

国立王子病院の跡地は社会保険庁に譲渡され、社会保険庁は品川区にあった社会保険都南総合病院を移転させて新たに公設民営型の病院を建設することとした。委託先はそれまでの全国社会保険協会連合会から地域医療振興協会へと変更になった。

  • 2004年4月22日 - 東京北社会保険病院として診療開始。
  • 2009年2月27日 - 東京都災害拠点病院の指定を受ける[1]
  • 2009年4月1日 - 新院長に住永佳久が就任。
  • 2014年3月10日 - 東京北医療センターに改称。

診療科[編集]

病院機能指定[編集]

  • 保険医療機関
  • 労災保険指定医療機関
  • 指定自立支援医療機関(更生医療・精神通院医療)
  • 身体障害者福祉法指定医の配置されている医療機関
  • 精神保健指定医の配置されている医療機関
  • 生活保護法指定医療機関 結核指定医療機関
  • 原子爆弾被害者医療指定医療機関
  • 原子爆弾被害者一般疾病医療取扱医療機関
  • 公害医療機関
  • 災害拠点病院
  • 臨床研修指定病院
  • 特定疾患治療研究事業委託医療機関
  • 小児慢性特定疾患治療研究事業委託医療機関

費用負担[編集]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 北区ではかつて東十条病院が指定を受けていたが、閉院している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]