千葉・東京・横浜 - 大阪梅田・神戸線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
未明の草津PAで休憩するシャトー号京急便(右)と池袋線阪急便(左)―統合前に撮影―

千葉・東京・横浜 - 大阪梅田・神戸線(ちば・とうきょう・よこはま - おおさかうめだ・こうべせん)は千葉県東京都神奈川県大阪市神戸市を結ぶ夜行高速バス路線である。2013年4月1日現在2系統が存在し、各系統で発着地・経由地が異なる。本項目では両系統について一括して記す。

いずれの路線も全席指定制なので、あらかじめ乗車券を購入しなければならない。

概要[編集]

これらの路線は東阪間で東海道新幹線航空機の顧客獲得競争激化の中で夜間移動に伴うメリットを生かして1999年~2003年に相次いで新設され、平日はビジネス客が比較的多くなっている。しかし2005年頃からいわゆる格安「ツアーバス」が相次いで運行されると特に観光目的の乗客が減少傾向にあり、2003年度には多客期には2~3台の続行便がしばしば運行されたが、最近は原油価格高騰の影響もあってか、多客期でも続行便が運行されるのは稀であり、逆に池袋線とシャトー号の統合という結果となっている。

いずれの路線も私鉄系バス会社が運行しており、沿線各所にターミナルを持つことを活かして柔軟に停車地を増やして、利用範囲を広げており、渋谷・池袋や新大阪など、JRバスのエリア外での乗降が可能であるとともに、ツアーバスに対する攻勢を見せている。これに対し、JRバスも追随して停車地を拡大する傾向にある。

その一方で南大阪・東大阪方面への利便性が近鉄バス、JR・南海系よりも大幅に劣っている。これらの地域から利用する場合、梅田(阪急三番街)に出るか、地下鉄御堂筋線(北大阪急行線)桃山台駅千里中央駅まで出ることになる。

反面、経由地が多く利用範囲が広いため、満席になりやすい。週末や繁忙期には数日前に満席になることも多い。

現行系統[編集]

2012年6月1日現在、阪急バスが関与して首都圏と京阪神を結ぶ夜行高速バス路線は池袋・渋谷・新宿 - 大阪線千葉・TDR・東京駅・横浜 - 大阪・神戸線の2系統があり、どちらも愛称が定義されていない。なお、かつて運行されていた品川系統は「シャトー号」という愛称を名乗っていた。

両系統とも阪急バスが共同運行事業者として参加しているため、大阪梅田(阪急三番街)を経由・発着する。

なお、各路線とも予約段階で乗客全員の降車地がわかっているため、降車客がいない停車地は通過または非経由となる。このため、乗車後の降車地変更は乗務員に申告する必要がある。また降車停留所を通過または経由しなかった場合は終着地に早着することが多い。

池袋・渋谷・新宿 - 大阪線[編集]

池袋・新宿・渋谷 - 大阪線(京王バス東)
池袋・新宿・渋谷 - 大阪線(京王バス東)
新宿・渋谷 - 大阪線(阪急バス・2013年3月まで運行)
新宿・渋谷 - 大阪線(阪急バス・2013年3月まで運行)

運行会社[編集]

停車停留所[編集]

池袋駅東口 - 新宿高速バスターミナル - 渋谷マークシティ - 中央道三鷹 - 中央道深大寺 - 中央道府中 - 中央道日野 - 中央道八王子 - 高速長岡京 - 名神高槻 - 名神茨木 - 千里中央駅 - 千里ニュータウン - 新大阪 - 大阪梅田阪急三番街

  • 首都高速4号新宿線中央自動車道名神高速道路新御堂筋を経由する。但し集中工事や事故・災害等で通行止めが発生した場合、名阪国道等を迂回する場合もある。
  • 新宿駅 - 梅田(大阪駅)間では、JRバスの中央ドリーム号と完全に競合するが、こちらは渋谷駅(渋谷マークシティ)にも発着する。また、下り(大阪・阪急梅田行)はJRバスよりも早めに出発し、大阪到着も早いため、遅延の原因となりやすい新御堂筋での渋滞に巻き込まれにくいというメリットもある。
  • 西東京バス近鉄バスツィンクル号[1]とも新宿高速バスターミナル - 梅田(近鉄は東梅田)間で競合するが、当路線が東京側において渋谷や中央道上バス停、大阪側は名神高速上バス停・千里地区を経由するのに対し、「ツィンクル号」は東京側では八王子市街、大阪側では茨木市街や難波OCAT)・あべの橋を経由するなど、起終点以外の経路が異なる。
  • 池袋・品川・横浜系統(廃止)が京都深草、京都駅前を経由していたのに対し、こちらは京都市内の停留所を通過する。下り便の新宿・渋谷から京都市内へは、近接した時間に新宿を出発(新宿23:00→渋谷23:30)する関東バス京阪バスの「東京ミッドナイトエクスプレス京都号」によってカバーされている。
  • 2012年6月1日の再編で池袋線との統合により池袋駅東口発着となったが、京王バス東担当日のみの乗入れとなり、阪急バスは池袋から撤退することになった。
  • 2013年4月1日より、阪急バス運行分は子会社の阪急観光バスに移管され、阪急観光バス便も池袋駅東口へ乗入れを行うようになった[2]
  • 2013年12月21日より、高速長岡京に停車し、名神大山崎は無停車となった[3]
  • 途中、石川PA桂川PAにて開放休憩がある。

千葉・TDR・東京駅・横浜 - 大阪・神戸線[編集]

運行会社[編集]

停車停留所[編集]

千葉中央駅 - 海浜幕張駅 - 西船橋駅 - 東京ディズニーシー - 東京ディズニーランド - 東京駅八重洲口 - 横浜駅東口バスターミナル(17番のりば)- 高速長岡京 - 名神高槻 - 名神茨木 - 千里中央 - 千里ニュータウン - 新大阪 - 大阪梅田(阪急三番街) - 大阪梅田(ハービスOSAKA) - 神戸三宮(三宮バスターミナル)

  • 2011年1月1日出発便から、上下ともに草津PAでの開放休憩を行う。
  • 一時期、大阪発と神戸発の2路線が存在し、2007年2月28日までの大阪発は京成上野に停車していた。
  • 1989年12月25日の運行開始から2007年2月までは京成バス・阪急バス・阪神電鉄バスの3社共同運行であった。2007年3月からは京成バス・阪神電鉄バス(2009年4月1日からは阪神バスに移管)の2社共同運行となって、阪急バスが運行から撤退(予約・発券業務は継続)。2010年12月31日をもって阪神バスが運行から撤退(予約・発券業務は継続)し、2011年1月1日からは阪急バスに再移管され、京成バス・阪急バスの2社共同運行となった。阪急バスとしては約4年ぶりの路線復活となった[4]
  • 2013年12月21日より、高速長岡京に停車し、名神大山崎は無停車となった[3]

過去の運行系統[編集]

※運行終了時点の概要を記す。

品川・浜松町・横浜 - 京都・大阪線「シャトー号」[編集]

シャトー号(羽田京急バス)

運行会社[編集]

停車箇所[編集]

品川バスターミナル - 浜松町バスターミナル - 横浜駅東口バスターミナル(18番のりば) - 京都深草 - 京都駅前 - 名神大山崎 - 名神高槻 - 名神茨木 - 千里中央駅 - 千里ニュータウン - 新大阪 - 大阪梅田(阪急三番街)

  • 実質的に東京~大阪・東京~京都・横浜~大阪・横浜~京都の4ルートを兼ねているため、競合が激しい。しかし、1路線でこの4ルートを兼ねているため、運行効率は良いともいえる。東京・横浜に拠点を持つ京急と、京都・大阪に拠点を持つ阪急が共同運行することにより実現した。詳細は、競合路線の欄を参照。
  • 2007年4月19日のブルーライト号廃止に伴い、東京~京都・大阪間のフライングライナー号が同日より横浜経由となった。これによりシャトー号と経由都市がほぼ同じ(東京・横浜/京都・大阪は完全に重複)となった。
  • 当初は京都深草は通過、横浜駅東口・京都駅前を経由しなかった(2006年10月1日改正時に3停留所への新規停車を開始)。また、当初は東京側は京浜急行バス・大阪側は阪急バスの共同運行だった。
  • 2008年4月18日より下記の池袋 - 大阪線と統合し、阪急バスの単独運行に変更された。なお京浜急行バスでは、品川・横浜地区での予約・発券業務を継続して行っていた。

池袋 - 大阪線[編集]

西武バス車両 (共通運用の金沢線

運行会社[編集]

停車箇所[編集]

サンシャインプリンスホテル - 池袋駅東口 - 下落合駅 - 京都深草 - 京都駅前 - 名神大山崎 - 名神高槻 - 名神茨木 - 千里中央 - 千里ニュータウン - 新大阪 - 大阪(阪急梅田)

  • 西武池袋線の起点である池袋をターミナルとし、西武新宿線の下落合駅を経由していたため、西武線や東武東上線からの利便性が高く、また赤羽を経由するやまと号(大宮 - 大阪線)の廃止後は埼京線沿線からも利便性が高かった。また、他社路線との競合が比較的少ない路線でもあった。
  • 当初は京都深草は通過、京都駅前を経由しなかったが、2005年10月21日のダイヤ改正にて京都深草と京都駅前に停車するようになった。
  • 2008年4月18日出発便より上記シャトー号と統合のうえ西武バスが運行から撤退し、阪急バスの単独運行に変更された。なお西武バスでは、池袋地区での予約・発券業務を継続して行っていた。

池袋・品川・横浜 - 京都・大阪線[編集]

阪急バス車両(池袋・品川線)

運行会社[編集]

  • 阪急バス(豊中営業所)
    • ※:池袋では西武バスが、品川・横浜では京浜急行バスが、それぞれ予約・発券業務のみを担当。

停車箇所[編集]

池袋駅東口 - 品川バスターミナル - 横浜駅東口バスターミナル(17番のりば)- 京都深草 - 京都駅前 - 名神大山崎 - 名神高槻 - 名神茨木 - 千里中央 - 千里ニュータウン - 新大阪 - 大阪(阪急梅田)- ハービスOSAKA

歴史[編集]

  • 1989年12月25日 - 千葉・TDL - 大阪・神戸線が京成バス・阪急バス・阪神電鉄バスの3社共同運行で運行開始。
  • 1999年7月24日 - 池袋線運行開始。
  • 2003年7月18日 - 「シャトー号」・新宿線運行開始。
  • 2005年3月16日 - 「シャトー号」東京側の運行会社が京浜急行バスから羽田京急バスに移管される。
  • 2005年10月21日 - 池袋線、京都深草・京都駅前に停車開始。
  • 2006年10月1日 - 「シャトー号」、横浜駅東口・京都深草・京都駅前に停車開始。学生割引運賃新設。
  • 2006年11月 - 新宿線、渋谷マークシティ乗り入れ開始。
  • 2007年2月28日 - この日の運行をもって千葉・TDL - 大阪・神戸線から阪急バスが撤退。
  • 2008年4月18日 - シャトー号と池袋線を統合のうえ池袋・品川・横浜 - 京都・大阪梅田線となり、同時に阪急バス単独運行となる(西武バス・京浜急行バスでは予約・発券業務のみを継続)。同時にハービスOSAKA乗り入れ。
  • 2011年1月1日 - 千葉・TDL - 大阪・神戸線の大阪方の運行会社が阪神バスから阪急バスに変更となる。
  • 2012年6月1日 - 池袋・品川・横浜 - 京都・大阪線を廃止。なお、この日の出発便より、新宿・渋谷 - 大阪梅田線が京王バス東運行便のみ(隔日運行)池袋駅東口発着となり、千葉・TDL・東京駅 - 大阪梅田・神戸線が横浜駅東口に停車。
  • 2013年4月1日 - 池袋・新宿・渋谷 - 大阪梅田線の大阪方の運行会社が阪急観光バスとなり、池袋駅東口発着が毎日運行となる。

車両[編集]

両路線において、独立3列シートのスーパーハイデッカー車(定員29名)を使用する。

設備[編集]

  • 独立3列シート(シートヒーター付き -京王車はなし- )
  • 膝掛毛布
  • トイレ(車両中央部)

競合路線[編集]

JRバス関連[編集]

東京・新宿他 - 京都・大阪
横浜 - 京都・大阪

その他[編集]

新宿・八王子 - 大阪
東京・横浜 - 京都・大阪
銚子駅【中略】成田空港【中略】秋葉原駅 - 京都駅・OCATなんば高速バスターミナル
※かつて浜松町 - 京都・大阪市内でシャトー号と完全に競合し、下り便の浜松町出発時刻も同じであったが、現在は双方とも浜松町に立ち寄らない。

上記以外にも、東京周辺と京阪神とを結ぶ夜行高速バスは多数存在する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 元々はバス事業分社化前の京王帝都電鉄が近鉄バスと組んで1989年に開設した路線で、1996年に京王子会社の西東京バスへ移管された後、2003年にさらに孫会社の多摩バスへ移管され、その後2008年に西東京バスへの事業譲渡により戻されている。
  2. ^ 高速バス 大阪~新宿・渋谷・池袋線の運行について (PDF, 阪急バス 2013年3月27日)
  3. ^ a b 阪急西山天王山駅直結「高速長岡京」バスストップへの高速バスの乗り入れについて (PDF) - 阪急バス、2013年11月22日、同日閲覧。
  4. ^ 夜行高速バス・大阪神戸線の共同運行会社変更について

外部リンク[編集]