東京ゾンビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

東京ゾンビ』(とうきょうゾンビ)は、花くまゆうさくの漫画作品。『アックス』(青林工藝舎)に創刊号から9号にかけて連載。全1巻。

またはこれを原作とする2005年に製作された日本映画

ストーリー[編集]

柔術の達人であるハゲ親父のミツオと生まれつきアフロ頭のフジオは、さびれた消火器工場で共に働いている。半年前に工場に左遷されたミツオはそこでフジオと出会い、彼に柔術を教えるようになり、柔術を通じて二人の間に友情が芽生え始める。

ある日、本社からやってきたサラリーマン生活に疲れた社員が、二人の仲の良さに嫉妬しミツオをタコ殴りにする。それに我慢のできなかったフジオは消火器で社員を殴り殺してしまう。

二人は「黒富士」に社員を埋めることにした。そこでは不法投棄された生活ゴミや産業廃棄物、遺棄された死体、ありとあらゆるゴミが山のように埋められていた。

そこに死体を埋め、立ち去る二人。

しかしそのころ黒富士では、産業廃棄物から出た化学物質と遺棄された人間の魂とが交じり合い、死体が次々とゾンビとなって甦り、黒富士から下りてきたゾンビが人々を襲い始めていたのだった。

書誌情報[編集]

映画[編集]

東京ゾンビ
監督 佐藤佐吉
脚本 佐藤佐吉
原作 花くまゆうさく
製作 豊嶋勇作
梅川治男
出演者 浅野忠信
哀川翔
音楽 二見裕志
RAAZKUINTED
撮影 石井勲
編集 島村泰司
製作会社 「東京ゾンビ」製作委員会
配給 東芝エンタテインメント
公開 日本の旗 2005年12月10日
上映時間 103分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

東京ゾンビ』(とうきょうゾンビ)は、2005年12月10日に公開された日本映画。 監督の佐藤佐吉は本作品で長編映画監督デビューを果たした。後に原作者の花くまゆうさく自身が監督・主演を務めた『東京ゾンビ外伝』が製作されている。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

映像商品[編集]

外部リンク[編集]