東京オリンピックの閉会式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

東京オリンピックの閉会式(とうきょうオリンピックのへいかいしき)は大会最終日の1964年10月24日土曜日に国立競技場で行われた。通常・オリンピックの閉会式は日曜日に行われるが、時差の都合で土曜日となった。

概要[編集]

当時、最終日は馬術競技が行われた後、昭和天皇香淳皇后が出席し、閉会式が行われた。

入場行進[編集]

入場行進では、各国の選手団が国立競技場に入る前に国別に整列し入場を待つ予定であったものの、全ての競技を終えリラックスした各国の選手が係員の指示に従わず、その結果各国の選手団が入り乱れたままで入場が開始されたため、予定通りの国別の整然とした行進にならず、各国の選手に肩車され日の丸を高く掲げた日本選手を先頭に、各国の選手が入り混じり腕や肩を組み合い入場する、かつて見られなかった形となった[1]

また、国立競技場に入場した後も選手の中にはお互いの姿をカメラで撮影したり、自国の踊りを皆で披露したり、各国の公式スーツではなく競技用ユニフォーム[2]で参加する者もいた。さらに別の国の選手を肩車で担いだり、列になり踊る選手がいるなど秩序が無いものとなったが、そのために却ってこれまでのオリンピックの閉会式に例のない、まさに「平和の祭典」を体現した和気あいあいとした雰囲気のものとなった。この風景が好評を得たためもあり、その後のオリンピックでは「東京方式」が採用されるようになった。

このとき、NHKテレビで実況を担当した土門正夫は予定外の状況に戸惑い(後に『ありゃ、これは何なんだ』と入場行進で入ってきた選手を見て仰天したことをテレビ番組で語っている)、カメラに映し出される情景を随時伝えていった。予定されていたプログラムと大きくかけ離れたことから、予定にない実況を行うこととなったため、他の中継スタッフともども大変な放送をしてしまったという思いを抱いていたが、終了後に渋谷の放送センターに戻ると、他の職員たちから賞賛の拍手を受けることになったという[3]

なお、10月10日の東京オリンピック開会式にイギリス領北ローデシアとして参加したザンビアは、閉会式の日にイギリスから独立し、新国名のプラカードと新国旗を手に入場行進した。

式典[編集]

オリンピック憲章に従い、オリンピック発祥の地ギリシャ・今回の開催国日本・次回開催国のメキシコの国旗が掲揚され、安川第五郎大会組織委員会会長の挨拶、そして、アベリー・ブランデージ国際オリンピック委員会会長の挨拶で、閉会の宣言をし、15日間にわたって掲揚されていた五輪旗が降ろされ、聖火が納火された。

そして場内が暗くなると大会の成功を祝う花火を打ち上げ、電光掲示板には「SAYONARA(さよなら)」「MEET AGAIN IN MEXICO(メキシコでまたお会いしましょう) 1968」と表示された。観客たちは白いハンカチを振り、「蛍の光」の大合唱で東京オリンピックの全日程が終了した。

脚注[編集]

  1. ^ 1964 Tokyo Olympic
  2. ^ 映画『東京オリンピック』では、カメラが陸上競技のユニホームで参加する選手を捉えている。
  3. ^ BSスペシャル『青春TVタイムトラベル』 第4回 プレイバック・東京オリンピック(NHK衛星第2テレビジョン1992年12月26日放送で、土門自身が振り返ってコメントしている)

関連項目[編集]