杜甫草堂博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

杜甫草堂博物館(とほそうどうはくぶつかん)とは、中国盛唐詩人杜甫を記念するための博物館である。面積は、24エーカー (97,000 m²)。四川省成都市西郊にあり、浣花渓公園と隣接する。1961年3月4日、国務院から中華人民共和国全国重点文物保護単位に認定された[1]

杜甫像
工部祠(杜工部をまつる祠のこと)

歴史[編集]

乾元2年(759年)、杜甫は安史の乱のせいで、成都への流亡を余儀なくされた。そこで親友である厳武の援助を得て、浣花渓の近くに茅葺の小屋を建てた。杜甫はそこで4年間の生活を送った。『茅屋為秋風所破歌』『蜀相』などの名作も、杜甫がこの成都滞在中に作ったものである。

建築[編集]

杜甫が建てたオリジナルの草堂は戦火に見舞われ、現存する建物の多くは明弘治13年(1500年)と清嘉慶16年(1811年)のものである。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯30度39分30.5秒 東経104度1分43.8秒