杜牧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
杜牧・『晩笑堂竹荘畫傳』より

杜 牧(と ぼく、ピン音:Dù Mù、ウェード式:Tu4 Mu4803年貞元19年) - 853年大中6年))は、中国晩唐期の詩人京兆府中国語版万年県(現陝西省西安市)の人。は牧之。号は樊川。

晩唐の繊細な技巧的風潮を排し、平明で豪放な詩を作った。風流詩と詠史、時事諷詠を得意とし、艶麗と剛健の両面を持つ。七言絶句に優れた作品が多い。杜甫の「老杜」に対し「小杜」と呼ばれ、また同時代の李商隠と共に「晩唐の李杜」とも称される。祖父に中唐の歴史家・杜佑を持ち、詩人の杜荀鶴は庶子と言われる。ほか李白韓愈柳宗元からも影響を受けた。

経歴[編集]

長安の名門階級に生まれるが、出生時には既に衰退の途中であった。祖父の杜佑は唐の裁判所長官で、「通典」と呼ばれる百科事典の編纂に携わる。828年、25歳で進士に及第。官吏となる。文学奨励会で編者の第一人者となる。数ヵ月後、洪州(現・南昌市)(翌年から宣城)の監督長官である沈傳師中国語版側近となった[1]833年、31歳の時に揚州(現・揚州市)の淮南節度使牛僧孺の幕下に入り、書記を勤めた。このころ詩作を始める。揚州在任の3年間、毎晩妓楼に通い、風流の限りを尽くしたと言われる。835年検閲官に任命され長安に戻ったが、王朝内部では彼の友人の李訓英語版鄭注らと宦官が派閥闘争に明け暮れていた。自らは洛陽への転任を申し出て認められたため、その年の暮れに起こった甘露の変を回避できたとされる[2]

以後各地で多くの官職を歴任するが、政変のため中央での出世は得られなかった。837年には失明した妹をを介護世話するために揚州に戻り、その後兄も連れて宣州に向かった。最高位の左大臣史書部上官の不正を弾劾する役職に指名され、長安に戻った。840年、配膳局の副長官に、翌年には検閲委員会副長官に任命される。その後黄州[要曖昧さ回避]池州睦州[要曖昧さ回避]刺史を歴任するが、杜牧はこの処遇に不満を持ち、李徳裕を非難した。彼は自分の経歴や処遇への不満を詩に表し始めた[3]

848年に勲功部の副長官に任命された彼は中央に戻り、史書部上官の時の功績を表彰される。849年には吏部の副長官となった。850年には依願して湖州[要曖昧さ回避]勅史となるが、門下省、ついで中書省の舎人となる。ところがその年病に倒れ、翌年(太陽太陰暦)に亡くなった。

著名な作品[編集]

漢詩のほか、や中国の古典散文にも長けていた。歴史的な名所や神秘的な情景を描いた繊細で叙情的な四行連を得意としていた。ほかに離別や退廃、無常観などを描く詩もある。彼は古典的な形と口語的な語法や語順、言葉遊びなどを組み合わせたスタイルを用いた。彼はまたストーリー性のある長編の詩や孫子の注釈も書いている。江南の風景を絵画のように表現した「江南春」、揚州での、風流才子としての姿を描いた「遣懐」、反実仮想的と言われる詩風をよく反映している。また垓下の戦いに敗れた項羽(前232 - 202)が、烏江まで逃れてきた時のことを詠い「捲土重来」の語の元ともなった「題烏江亭」がよく知られている。では「阿房宮賦」が有名。

晩唐を代表する詩人で人気も高い杜牧であるが、盛唐を重視し、中唐・晩唐の詩を批判する古文辞派の文学観を反映した『唐詩選』には1篇も選ばれていない。

江南春
原文 書き下し文 通釈
千里鴬啼緑映紅  千里鶯(うぐいす)啼(な)いて緑紅(くれない)に映ず 広々とした平野のあちらこちらで鴬がないて、紅い花が新緑に映えている。
水村山郭酒旗風 水村山郭酒旗(すいそんさんかくしゅき)の風 川沿いの村や山里の酒屋の旗が、春風にたなびいている。
南朝四百八十寺 南朝四百八十寺(しひゃくはっしんじ)  南朝時代以来のたくさんの寺が立ち並び
多少樓臺烟雨中  多少の楼台煙雨の中 多くの楼台が春の霧雨の中に煙っていることだろう。

 

題烏江亭
原文 書き下し文 通釈
勝敗兵家事不期  勝敗は兵家も事期せず 戦の勝敗は兵法家であっても予測できるものではない。
包羞忍恥是男児 羞を包み 恥を忍ぶは これ男児 羞恥を耐え忍んでこそ男児というもの。
江東子弟多才俊 江東の子弟 才俊多し  江東の子弟には優れた人材が多いゆえに
捲土重来未可知  捲土重来も 未だ知るべからず 再起してまた天下を争うことも、できたかも知れないのに。

ほかに「清明」や「秋夕」といった詩がある。「秋夕」は彼の家の没落の嘆きを暗示しているとされる[4]。 

清明
原文
清明時節雨紛紛 
路上行人欲斷魂
借問酒家何處有
牧童遙指杏花村 
秋夕
原文
銀燭秋光冷畫屏 
輕羅小扇撲流螢
天階夜色涼如水
臥看牛郎織女 

 

最近の動き[編集]

1968年、バンドピンク・フロイドに所属するロジャー・ウォーターズアルバム神秘に収録されている太陽讃歌英語版の中で杜牧の詩から"Lotuses lean on each other in yearning"(多少綠荷相倚恨)という言葉を引用している。  

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 所安, 宇文 (2006). The Late Tang: Chinese Poetry of the Mid-Ninth Century (827-860). Harvard University Asia Center. p. 260. ISBN 978-0-674-03328-3. 
  2. ^ Owen, Stephen (2006). The Late Tang: Chinese Poetry of the Mid-Ninth Century (827-860). Harvard University Asia Center. p. 271-272. ISBN 978-0-674-03328-3. 
  3. ^ Owen, Stephen (2006). The Late Tang: Chinese Poetry of the Mid-Ninth Century (827-860). Harvard University Asia Center. p. 289. ISBN 978-0-674-03328-3. 
  4. ^ Red Pine, Poems of the Masters, Copper Canyon Press, 2003.

参考文献[編集]

  • Nienhauser, William H (ed.). The Indiana Companion to Traditional Chinese Literature. Indiana University Press 1986. ISBN 0-253-32983-3
  • Francis, Mark. Running Under the Ice: Fifty Selected Poems by Du Mu. Oxcidental Press 2012. ISBN 978-1-4681-2831-4.

近年の訳書[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]