村田正夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 柔道
世界柔道選手権
1987 エッセン 86kg級

村田 正夫(むらた まさお、1964年4月6日 - )は愛知県出身の柔道家。新日本製鐵の柔道部監督、イタリア・ナショナルチームのコーチを務め、現在はびわこ成蹊スポーツ大学の准教授、および柔道部監督。得意技は内股

概要[編集]

愛知県一宮市出身。父の仕事の関係で小学2年生のときに、大阪府守口市に転居する。東海大相模高校を経て東海大学と柔道エリートコースをたどる。大学卒業後は新日鉄に就職。

エリートコースをたどった村田だが、持病の首のヘルニアがたたりついにオリンピックに出場することはなかった。

新日鉄退社後は佛教大学大学院で教育学を専攻。この際旅館で時給850円の皿洗いのバイトで生計を立てる[1]

2006年、びわこ成蹊スポーツ大学の教員として採用される。

脚注[編集]

  1. ^ 「転機 村田正夫」近代柔道 ベースボールマガジン社、2011年1月号、58-61頁

外部リンク[編集]