村田昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
むらた あきら
村田 昭
生誕 村田 昭
(むらた あきら)

1921年3月25日
日本の旗 日本京都府京都市東山区泉涌寺
現況 故人
死没 2006年2月3日(満84歳没)
日本の旗 日本京都第二赤十字病院
死因 肺炎
住居 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
出身校 京都市立第一商業学校
(現・京都市立西京高等学校
職業 実業家
活動期間 1944年 - 2006年
活動拠点 日本の旗 日本を中心。
肩書き 村田製作所代表取締役名誉会長1991年 - ?)
日本電子材料工業会会長
任期 1991年 - 2006年
後任者 村田泰隆
子供 長男村田泰隆(村田製作所代表取締役会長)
実子:村田恒夫(村田製作所代表取締役社長)
受賞 1998年:アメリカ合衆国セラミックソサエティー名誉会員称号

村田 昭(むらた あきら、1921年(大正11年)3月25日 - 2006年(平成19年)2月3日)は、実業家である。村田製作所創業者・名誉会長・元会長社長


経歴[編集]

京都府京都市東山区泉涌寺生まれ。父親が陶器店を営む。

1936年(昭和12年)、京都市立第一商業学校(現・京都市立西京高等学校)を肺結核のため中退後、家業に専念。 特殊陶器、精密特殊磁器に注目し、製品化することにより事業を拡大。1944年(昭和20年)10月、村田製作所を創業する。

1950年(昭和26年)、法人化の後、京都大学との「産学協同」で酸化チタンコンデンサの開発に成功。セラミック半導体や通信機用フィルタを次々に開発し、通信機やテレビ向けなどの電子部品事業を拡大、チタンコンデンサの主力メーカーとして一大シェアを掌握した。1960年(昭和36年)代にはアメリカのGMより受注するなどいち早く海外に進出し、1973年(昭和49年)には日本の電子部品メーカーで初めてアメリカ合衆国内に工場を設立。京都を代表する大企業の創業者として活躍した。これだけの実業家でありながら、財政界にはほとんど顔を出さず、本業一本で生涯を全うした。

1991年(平成4年)、70歳になったのを機に、長男村田泰隆に社長を譲り会長に就任。1995年(平成8年)からは名誉会長に就任し、その間は日本電子材料工業会会長なども歴任した。

セラミック業界への多大な貢献から、1998年(平成11年)にアメリカ合衆国セラミックソサエティーの名誉会員称号を受賞している。

2006年(平成19年)2月3日午前9時20分、肺炎のため京都第二赤十字病院で死去。享年84。


主な著書[編集]

外部リンク[編集]