村瀬広樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
村瀬 広樹
村瀬 広樹の画像
プロフィール
リングネーム 村瀬 広樹
ニックネーム 驚異の超大型ルーキー
身長 185cm
体重 110kg
誕生日 1987年12月16日(27歳)
出身地 日本の旗 日本
岐阜県本巣市
所属 WRESTLE-1
トレーナー アニマル浜口
TAJIRI
デビュー 2013年1月25日
ジョシュ・オブライエン
テンプレートを表示

村瀬 広樹(むらせ ひろき、1987年12月16日 - )は、日本プロレスラー岐阜県本巣市出身。WRESTLE-1所属。

経歴[編集]

アニマル浜口レスリング道場出身。アニマル浜口門下の先輩TAJIRI率いるWNCの練習生となった。飲み込みが早くTAJIRIから期待された「大型新人」であり、「一応公開プロテスト受けさせるんですけど、普通にデビューさせてもいいと思っている」と言う程期待されていた[1]

2013年1月25日、WNC新宿FACE大会で洞口義浩相手に公開プロテストに挑み、アームロックで亜脱臼に追い込み、洞口の代役として直後の第1試合出場という異例のデビューとなり、ジョシュ・オブライエンから勝利を奪った[2]。2月16日、WNC FUTUREで洞口との初シングルをラリアットで制する[3]。2月28日、新宿大会で篠瀬三十七と組み、土肥孝司&高橋匡哉組と対戦するが、高橋のジャーマンスープレックスホールドで初の敗戦[4]。3月31日、新宿大会昼の部で高橋と初シングルもジャーマンスープレックスホールドで敗れる[5]。6月16日、若手ながら自身の生まれの岐阜県にて凱旋興行を行いAKIRAと若手ならぬ激戦のうえ敗戦8月9日、鹿児島大会で当時WNCチャンピオンだった西村修とシングルで敗戦。9月14日、兵庫大会でゼウスと100発を超えるチョップ合戦を行うが敗戦。11月29日、新宿大会で「もっと大きな選手と戦いたい」とWNC退団を表明。

2014年1月11日、北千住シアター1010における「篠瀬三十七興行~感謝~」にてWNCラストマッチとして、篠瀬三十七と組み、AKIRA&児玉裕輔と対戦するが、AKIRAのムササビプレスからの片エビ固めで敗れる[6]。3月13日、WRESTLE-1に参戦し、稲葉大樹と対戦。1戦目は敗北。2戦目は勝利。WRESTLE-1では練習生として試合に出場していたが、7月1日付で所属選手となった[7]。それ以降、船木とシングルを行うなど厳しい試練に立ち向かっている。

得意技[編集]

  • ラリアット
  • 逆水平チョップ

入場テーマ[編集]

  • ZERO DRIVE

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]