村松修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

村松 修(むらまつ おさむ、1949年 - )は日本プラネタリウム解説員で、アマチュア天文家である。

人物・経歴[編集]

東京都出身。子供の頃より東京都渋谷区天文博物館五島プラネタリウムに通い詰める[1]東京都立工業短期大学(現・首都大学東京)卒業後、五島プラネタリウムに技術係として就職するが、高校生の頃から天文ファンだったこともあって、解説員も兼ねることになった。五島プラネタリウム閉館後は渋谷区ケアコミュニティ・桜が丘の渋谷区五島プラネタリウム天文資料室に勤務する傍ら、フリーの天文解説員としての活動も続けていた。その後コスモプラネタリウム渋谷が開館したことに伴い、同館の解説員となった[2]

プラネタリウム解説員としての活動と並行して小惑星番号3432番の小淵沢を始め、小淵沢町において、井上傑浦田武とともに1986年から多数の小惑星を発見した[1]

また、1993年には周期彗星串田・村松彗星も発見した[1]

参考文献[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『星ナビ』2001年3月号、4頁。
  2. ^ コスモプラネタリウム渋谷/プラネタリウム スターリーカフェ - 国際情報マネジメント有限会社が運営するサイト・仕事を楽しむためのWebマガジン「B-plus」内のページ