村本大輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

村本 大輔(むらもと だいすけ、1975年6月29日 - )は日本競輪選手静岡市出身。日本競輪学校第77期卒業。日本競輪選手会静岡支部所属。師匠は伊藤勝也。初出走は1996年4月20日伊東温泉競輪場。初勝利も同レース。あだ名は「ゴルゴ」。

静岡市葵区を流れる藁科川沿いをロード練習のコースとしている静岡所属の選手サークル「藁科軍団」のリーダー的存在である。

戦績[編集]

私立静岡北高等学校を経て日本競輪学校に入学し、デビュー後から順調にS級に昇級して全ての方向に動きの良い追込選手として売り出した。

あだ名の「ゴルゴ」はお笑い芸人TIMゴルゴ松本に似ているからであるが、このことでフジテレビ系列で放映されていた番組「力の限りゴーゴゴー!!」のコーナーにおいて本人と対面し、以降「競輪界のゴルゴ」と名乗ることが認められた。

その後2005年に特別競輪の高松宮記念杯競輪で優勝を果たし、その表彰式でゴルゴ松本の持ち芸である「命!」を行った。

レース中において選手がパフォーマンスを行うことは禁止されているが、村本大輔だけはスタート直前に何らかのポーズを取ることで有名になっている。このパフォーマンスは競輪場側の「姿勢」に左右されるところがあり、立川競輪場でのレースにおいて、選手入場時に一礼するところをわざと「命!」のように左足を僅かにあげるような仕草をしたりなど(ただし頭はきちんと下げている)、普段は「明らかにならない範囲においてそれとなく織り交ぜる」ことが多い。しかし寛容な競輪場では派手に行うこともあり、平塚競輪場において行われたKEIRINグランプリ05において、発走台の上でゴルゴ13のスナイプポーズを数秒間行った。

主な獲得タイトル[編集]

競走スタイル[編集]

最後の直線でダッシュをかける追込選手。選手としては一般的なスタイルであるが、前にどんな強い選手が走っていても最後ギリギリで逆転できる脚を持つ。

関連項目[編集]