李衛公問対

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

李衛公問対(りえいこうもんたい)は、中国唐代阮逸(異説あり)によって書かれたとされる兵法書である。全三篇。

内容[編集]

武経七書の一つ。「問対」は受け答えという意味。

李世民(唐太宗)と李靖(李衛公、字は薬師)が歴代の兵法と兵法家、もしくは将軍や宰相などの人物を話題に話し合う形で話が進んでいく。しかし、実際にこういう話し合いが行われたのかは不明。具体的討論の内容は太公望六韜孫子呉子黄帝司馬穰苴張良韓信曹操諸葛亮馬隆、李世民、李靖らの兵法や、歩兵騎兵戦車の使い方や、八陣・六花・五行の陣法など。この兵法書では、李靖の「六花の陣」は、諸葛亮の「八陣の法」を参考にして作られているとしている。

本の構成[編集]

  1. 巻之上
  2. 巻之中
  3. 巻之下

刊行書[編集]