李相和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
李相和
各種表記
ハングル 이상화
漢字 李相和
発音: イ・サンファ
日本語読み: りそうわ
テンプレートを表示

李相和(イ・サンファ、1901年4月5日 - 1943年4月25日)は朝鮮詩人無量想華尚火白唖。本貫は月白李氏。混乱の時代を生きた民族詩人として知られている。

略歴[編集]

1901年4月5日、慶尚北道大邱市西門路に生まれる。4人兄弟の次男。父は李時雨、母は金慎子、兄は李相定、弟は李相佰李相旿

幼い頃に父を亡くしてからは、伯父の世話で私塾に通い、読み書きや漢文を修めた。14歳のとき、上京し、中央学校の中等課程に入り、修了した他後、故郷に戻った。1918年の夏、李は旅に出る。金剛山から江原道一帯をさすらい、家に戻ったのは6ヶ月後であった。この旅は李にとって、生きる意味、人生を考える旅であったらしい。「我が寝室へ (나의 침실로)」(1923)はこの放浪の旅の中で完成させたものと述べている。

1919年3月1日、李が18になる年に三・一運動が起こる。李はこの運動に呼応し、白基萬と共に同月8日、大邱で独立運動を起こした。その後、朝鮮総督府の検挙を逃れてソウルに隠れ、同郷の友人である、延禧専門学校に通う声楽家朴泰元のところに身を寄せる。この頃から、祖国の運命に悲観し、酒に酔うようになった。

1919年陰暦10月、人に勧められるまま、公州の名門である徐漢輔の娘、徐順愛と結婚する。実は李には密かに思いを寄せていた女性がいた。慶尚南道出身の孫畢蓮という女性で、独立運動の同士でもあり、李はこの女性とかなり親しい関係であったという。

1923年、渡日し、東京アテネ・フランセに通う。李は東京に留学することが目的ではなく、フランスへ行く足がかりにするためであった。朝鮮総督府から要視察人物とされていたため、ソウルからフランスへ行くことはできなかった。アテネ・フランセでフランス語を学びながら機会をうかがっていたが、その年の9月に関東大震災が発生し、東京に住む朝鮮人が大迫害を受け、李も留学どころではなくなってしまう。翌年1924年春に帰国することになった。東京にいた頃、柳宝華という女性と恋人の仲になったという。柳宝華は後の1926年肺病にかかり、李の膝に顔を伏せて死んだ。

ソウルに戻った李は、嘉会洞の翠雲亭に住み、詩作に没頭した。「金剛 頌天」「逆天」「別離」などはこの頃の作品である。また、この頃、李は相当の酒豪であったと言われる。1925年KAPFの設立に参加する。1927年、故郷の大邱に戻る。李は常に官憲に監視され、やがてそうした圧力が李の精神を壊し、酒と女に溺れ堕落していく。1934年まで、1篇の詩も発表されなかった。

1935年中国に渡り、独立運動を起こしている兄の相定に会った。そのまま、1年ほど中国を遊覧し、1936年に帰国した。帰国した李を、朝鮮総督府はスパイ容疑で逮捕、20余日にわたり拷問した。この拷問で李の身体は極度に衰弱し、その後、回復することもなかった。

1936年から40年まで、嶠南学校で教育や文化活動に取り組む。1940年からは再び筆を執り、『春香伝』の英訳や『国文学史』、『フランス詩』などの評訳を出す予定をしていた。しかし、それらを完成させることもなく1943年、衰弱しきった李は床に伏せ、陰暦3月21日朝8時、夫人の傍で息を引き取った。李の遺骸は慶尚北道達城郡花園面別里1区の月城李氏の墓地に埋葬された。1943年、白基萬徐東辰など同郷の友人らの提議で、朝鮮総督府の目を避けるため「詩人白唖李公諱相和之墓」とだけ刻まれた墓碑が建った。戦後、金素雲の提唱で大邱市の達城公園に「尚火詩碑」が建てられた。

年譜[編集]

  • 1901年4月5日、慶尚北道大邱市西門路に生まれる。
  • 1915年、ソウル中央学校に入学。桂洞32番地の銭鎮漢宅に下宿。
  • 1918年、中央学校を修了し帰郷。金剛山など江原道一帯を旅する。
  • 1919年、三・一運動に参加。検挙を逃れてソウルに隠れる。西大門区冷洞92番地、声楽家朴泰元のところに下宿。
  • 1919年陰暦10月、公州徐漢輔の娘、順愛と結婚。
  • 1922年、『白潮』の同人になる。同誌創刊号に「末世の唏嘆」という詩を載せて文壇にデビューする。
  • 1923年、渡日。東京アテネ・フランセに通いフランス語を修める。
  • 1924年、帰国。ソウル、嘉会洞の翠雲亭に住み、白潮派の人達と交遊を深める。
  • 1926年、傾向派に同調し始める。
  • 1926年、長男、龍熙が生まれる。
  • 1927年、帰郷。
  • 1934年、朝鮮日報の慶北総局を経営。
  • 1934年、次男、忠熙が生まれる。
  • 1935年、中国に渡り、兄の相定に会う。
  • 1936年、帰国。スパイ容疑で朝鮮総督府に拘束され。
  • 1936年、嶠南学校の講師を勤める(~1940)
  • 1940年、『春香伝』を英訳(未完)。
  • 1943年4月25日、午前8時、自宅にて死去。