李東国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
李 東國 Football pictogram.svg
名前
愛称 ライオンキング
カタカナ イ・ドングク
ラテン文字 LEE Dong-Gook
ハングル 이동국
基本情報
国籍 韓国の旗 韓国
生年月日 1979年4月29日(35歳)
出身地 韓国の旗慶尚北道浦項市
身長 187cm
体重 80kg
選手情報
在籍チーム 韓国の旗全北現代モータース
ポジション FW
背番号 20
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-2002
2000-2001
2003-2004
2005-2006
2006-2008
2008
2009-現在
浦項スティーラース
ブレーメン (loan)
光州尚武フェニックス
浦項スティーラース
ミドルズブラFC
城南一和天馬
全北現代モータース
75 (28)
7 (0)
46 (12)
27 (10)
23 (0)
10 (2)
27 (20)
代表歴2
1998- 韓国の旗 韓国 94 (30)
1. 国内リーグ戦に限る。2009年11月1日現在。
2. 2012年11月14日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

李 東國(イ・ドングク、이동국1979年4月29日 - )は、韓国浦項市出身のサッカー選手。ポジションはフォワード。韓国内ではライオンキングとの愛称で呼ばれており、中東勢との相性がいい。

来歴[編集]

1998年、高卒ルーキーとして浦項スティーラースに入団。フランスW杯韓国代表最終メンバーに選出され、同大会グループリーグ第2戦のオランダ戦にて途中出場を果たす。

その後、常に韓国代表に招集されるが、2002年の日韓W杯直前に最終メンバーから落選する。

2002年釜山アジア大会に出場するが、優勝できず、2003年から兵役で光州尚武に入隊。2005年4月に除隊後、浦項スティーラースへ高額年俸にて復帰を果たす。ドイツW杯アジア地区予選では3得点を挙げている。

2007年から2008年までプレミアリーグミドルズブラFCに在籍したが、リーグ戦で得点を挙げることは出来ず、デイリー・メール紙が選出する2007/08シーズンのワーストストライカーに選ばれた[1]

2008年夏より城南一和天馬に移籍し、Kリーグに復帰した。

2009年、全北現代モータースに移籍すると、初の得点王に輝き、チームも初のリーグ戦優勝を飾り、シーズンMVPにも選ばれた。

2012年、Kリーグでの117得点目を挙げ、禹成用が持つKリーグ通算最多得点記録を塗り替えた[2]

所属クラブ[編集]

エピソード[編集]

個人タイトル[編集]

脚注[編集]