李敬宰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

李 敬宰(イ・キョンジェ、1954年 - )は日本の政治運動家高槻むくげの会民族共生人権教育センターの代表。

略歴[編集]

大阪府議選(高槻市及び三島郡選挙区)には、定員5名のところに6名が立候補したが、5位の小沢福子社民)の19,475票に遠く及ばない2,543票(得票率2.0%)しか支持を得られなかった。

問題となった発言[編集]

「ただ、在日が日本国籍をとるということになると、天皇制の問題をどうするのかという人がいますが、 外国人がたくさん日本国籍を取ったほうが、早く天皇制は潰れると思います。というのは、この先もどんどん外国系市民が増えます。ある統計では、100年後には5人の内3人が外国系になるといいます。そうなれば、日本で大和民族がマイノリティーになるのです。だから、私はあと100年生きて、なんとしても日本人を差別して死にたいです。これが夢です。そういう社会が来たら、その時に天皇なんていうのは小数民族の酋長さんみたいなものになります。こうした素晴らしい戦術があるのに、それを、今の左派のように、日本国籍を取ったらダメだということをやっていたら、いつまでたっても天皇制は温存されたままではないですか」 (2001年12月14日18時30分~ 京都YWCA 在日外国籍市民の参政権を考える連続講座)

※ 現在、高槻むくげの会の該当ページでは、この部分は全て削除されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]