李志綏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
李志綏
プロフィール
出生: 1919年
死去: 1995年2月13日
出身地: 中華民国の旗 中華民国北京市
職業: 医師
各種表記
繁体字 李志綏
簡体字 李志绥
拼音 Lĭ Zhīsuī
和名表記: り しすい
発音転記: リー ヂースイ
テンプレートを表示

李志綏(り しすい)は中華人民共和国医師。1954年から1976年の毛沢東逝去までの期間は毛沢東の個人医師を務めた。また本人は自分が毛の親友とも自称していた。アメリカ移民後に毛沢東の伝記である『毛沢東の私生活』を著した。この本は大きな論争を引き起こし、中国国内では出版が禁止されている。北京生まれで代々医師の家系、曽祖父は清朝で御医(皇帝の主治医)を務めた。

テレビインタビューで毛についてもう一冊伝記を書くと発表したあと、2週間後に息子の家のバスルームで心臓発作が原因で死体が発見された。彼はアメリカへ移民後息子と共に暮らしていた。