李子君

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pix.gif 李子君
Zijun LI
Figure skating pictogram.svg
Grand Prix Final 2010 Zijun LI.jpg
2010年JGPFの表彰式で
基本情報
代表国: 中華人民共和国の旗 中国
生年月日: 1996年12月14日(17歳)
出生地: 中国 長春
身長: 165 cm
体重: 45 kg
コーチ: Haijun Gao
元コーチ: 李明珠
李成江
Li Bao
Meng Di
振付師: ローリー・ニコル
元振付師: Helen Jiang
カレン・クワン=オペガード
所属クラブ: 吉林省冬季運動管理中心
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 183.85 2013 世界選手権
ショートプログラム: 62.84 2014 四大陸選手権
フリースケーティング: 127.54 2013 世界選手権

李 子君(り しくん、中国語: 李子君英語: Zijun Li, 1996年12月14日 - )は、中国出身の女性フィギュアスケート選手(女子シングル)。

2014年ソチオリンピック中国代表。2014年四大陸選手権3位。

経歴[編集]

2011-2012シーズン、JGPオーストリア杯とボルボ杯にて共に銀メダルを獲得し、ポイントランキング5位で2年連続でのファイナルへの出場を決めた。ジュニアグランプリファイナルでの順位は4位だった。続くインスブルックユースオリンピックでは、フリーでパーソナルベストを出す等の演技で、銅メダルを獲得した。

2012-2013シーズン、シニアクラスへ移行。中国杯で5位、NHK杯で4位。ボルボオープンカップでシニアの国際大会初優勝。世界選手権ではフリーのパーソナルベストを出し7位に入った。

2013-2014シーズン、中国杯では10位。翌週のNHK杯は出場しなかった。12月の国内選手権にも出場はせず迎えた四大陸選手権では3位。中国の女子シングル選手が四大陸選手権で初めて獲得したメダルとなった。2014年2月、李自身初となる冬季オリンピックであるソチオリンピックに出場、結果は14位。

主な戦績[編集]

大会/年 2007-08 2008-09 2009-10 2010-11 2011-12 2012-13 2013-14
冬季オリンピック 14
世界選手権 7 17
四大陸選手権 5 3
世界国別対抗戦 6
中国選手権[1] 11 2 2 1 1 1
GP中国杯 5 10
GP NHK杯 4
ボルボオープン 1
トリグラフ杯 1
ユースオリンピック 3
世界Jr.選手権 9 5
JGPファイナル 3 4
JGPボルボ杯 2
JGPオーストリア杯 3 2
JGPチェコスケート 4

詳細[編集]

2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年3月24日-30日 2014年世界フィギュアスケート選手権さいたま 16
54.37
17
95.97
17
150.34
2014年2月6日-22日 ソチオリンピックソチ 11
57.55
14
110.75
14
168.30
2014年1月20日-25日 2014年四大陸フィギュアスケート選手権台北 2
62.84
3
118.72
3
181.56
2013年11月1日-3日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 8
53.58
10
85.40
10
138.98


2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年4月11日-14日 2013年世界フィギュアスケート国別対抗戦東京 9
53.16
4
118.34
6
171.50
2013年3月10日-17日 2013年世界フィギュアスケート選手権ロンドン 12
56.31
4
127.54
7
183.85
2013年2月6日-11日 2013年四大陸フィギュアスケート選手権大阪 10
54.51
4
115.91
5
170.42
2013年1月10日-13日 2012年ボルボオープンカップリガ 1
58.12
1
101.98
1
160.10
2012年12月20日-21日 全国花様滑冰錦標賽2012-2013ハルビン 1
58.09
1
117.01
1
175.10
2012年11月23日-25日 ISUグランプリシリーズ NHK杯利府 3
59.62
4
114.49
4
174.11
2012年11月2日-4日 ISUグランプリシリーズ 中国杯上海 5
59.21
5
100.85
5
160.06
2012年9月19日-21日 全国花様滑冰大奬賽2012-2013長春 1
55.46
1
120.97
1
176.43


2011-2012 シーズン
開催日 大会名 IF SP FS 結果
2012年4月11日-13日 全国花様滑冰冠軍賽2011-2012チチハル - 1
53.41
2
102.29
2
155.70
2012年4月4日-8日 2012年トリグラフトロフィーイェセニツェ - 1
52.74
1
101.13
1
153.87
2012年2月27日-3月4日 2012年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ミンスク - 6
51.74
5
105.57
5
157.31
2012年1月14日-22日 インスブルックユースオリンピックインスブルック - 3
50.92
2
106.78
3
157.70
2012年1月4日-6日 中華人民共和国第12回全国冬季運動会長春 1
69.15
1
60.56
1
125.56
1
255.27
2011年12月8日-11日 2011/2012 ISUジュニアグランプリファイナルケベック・シティー - 6
43.10
4
103.43
4
146.53
2011年9月28日-10月1日 ISUジュニアグランプリ オーストリアインスブルック - 2
55.59
2
100.81
2
156.40
2011年9月20日-23日 全国花様滑冰錦標賽2011-2012長春 1
58.65
3
49.28
1
100.77
1
208.70
2011年8月31日-9月3日 ISUジュニアグランプリ ボルボ杯リガ - 1
55.09
2
93.10
2
148.19


2010-2011 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2011年2月28日-3月6日 2011年世界ジュニアフィギュアスケート選手権江陵市 3
89.10
8
51.00
10
88.81
9
139.81
2010年12月23日-24日 全国花様滑冰錦標賽2010-2011チチハル - 1
53.24
2
101.05
1
154.29
2010年12月9日-12日 2010/2011 ISUジュニアグランプリファイナル北京 - 5
49.62
4
100.20
3
149.82
2010年10月14日-15日 ISUジュニアグランプリ チェコスケートオストラヴァ - 5
47.76
4
100.50
4
148.26
2010年9月17日-18日 ISUジュニアグランプリ オーストリア杯グラーツ - 5
47.56
3
97.2
3
144.76


2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年9月4日-5日 全国花様滑冰錦標賽2009-2010北京 3
44.82
2
83.94
2
128.76


2008-2009 シーズン
開催日 大会名 IF[2] SP FS 結果
2009年4月9日-11日 中華人民共和国第十一回全国運動会青島 3
50.8
2
51.96
4
77.98
2
180.74


2007-2008 シーズン
開催日 大会名 IF[2] SP FS 結果
2008年1月17日-19日 中華人民共和国第11回全国冬季運動会チチハル 8
41.73
12
34.62
12
65.14
11
141.49


プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS EX
2014-2015[3] 花のワルツ
バレエ『くるみ割り人形』より
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
ムーン・リバー
映画『ティファニーで朝食を
より
作曲:ヘンリー・マンシーニ
ピアノ協奏曲第2番
作曲:セルゲイ・ラフマニノフ
夢やぶれて
作曲:クロード・ミシェル・シェーンベルク
2013-2014 ダンサリン
作曲:タンゴ・ロルカ
振付:ローリー・ニコル
バレエ『コッペリア』より
作曲:レオ・ドリーブ
振付:ローリー・ニコル
映画『サウンド・オブ・ミュージック』より
作曲:リチャード・ロジャース
2012-2013 黒い瞳 バレエ『眠れる森の美女
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
エクスプレス・ユアセルフ
曲:マドンナ
2011-2012 映画『アダムス・ファミリー』より
作曲:マーク・シャイマン
The Carousel 映画『ホーンティング』より
作曲:ジェリー・ゴールドスミス
Scenes of Summer
作曲:リー・ホールドリッジ
一さじのお砂糖
作曲:シャーマン兄弟
2010-2011 映画『カールじいさんの空飛ぶ家』より
作曲:マイケル・ジアッキーノ
Until The Last Moment
作曲:ヤニー
映画『白雪姫』より
2009-2010 テレビドラマ『エデンの東』より
作曲:リー・ホールドリッジ
映画『白雪姫』より 虹の彼方に
作曲:ハロルド・アーレン

脚注[編集]

  1. ^ 中国では全国選手権として複数の大会が行われている。ここでは、国内順位として国際スケート連盟に報告された大会の結果を記載している。2008-09年シーズン以降は、複数の大会結果を総合して付けられた国内順位が報告されているため、総合順位を付ける際にもっとも比重の高かった大会の結果を記載している。
  2. ^ a b インタープリティブ・フリー。中国選手権はPCS係数が高いインタープリティブ・フリー、SP、FSの3演目で競われることがある。
  3. ^ 彭程/张昊新节目演魔法师与蛇 李子君打造风格舞曲

参考文献[編集]